無料メルマガ購読

★2お金・健康の最近の書評

【私の評価】★★☆☆☆(64点)■国の国債発行残高は880兆円だという。 国債の償還・利払いが23兆円なので、 平均利率は2.6%。 国債の新規発行額も33兆円となっており もはや国債には頼れない状況に なっていることがわかります。 現在は、日本銀行が国債を買い入れ、 その残高は4...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(65点)■体温を上げると健康になる、 というタイトルどおりの一冊です。 体温を上げるには 筋肉を付ければいい。 運動することです。■あとは、あまり薬を飲まないこと。 これではお医者さんは儲かりませんね。 齋藤さん ありがとうございました。────────...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(65点)■株式のチャートから、 株価を予測する手法です。 実際にお金を投資する前に、 何度も練習することが肝要とのこと。 繰り返すことで、 株価の動きの特徴が 分かってくるらしい。■特異な動きをしない 大型の銘柄を選びます。 ただ、私は短期売買を推奨しま...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■仮想通貨について解説した一冊です。 それぞれの通貨を説明してくれるのかと 思ったら、 通貨への心構えといった内容でした。 仮想通貨は決済手段ですので、 確かに姿のない「金」のようなもの なのでしょう。■銀行決済に使えるほどの 仕組みもあるようです...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆68点)■アメリカでは瞑想を活用した 精神医療があるらしい。 つまり、瞑想でうつ病や ストレスの緩和が期待できるのです。 座禅なんかも効果ありそうですね。 久賀谷さん、 良い本をありがとうございました。───────────────■この本で私が共感したとこ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■ミスター円と呼ばれる 榊原さんの一冊です。 2008年のリーマンショック、 2010年のユーロ危機。 榊原さんは、経済の中心が 欧米から中国へ移行する プロセスと見ています。 そして、基軸通貨が ポンドからドルに移った時のように 世界恐慌のよう...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■日本古来の健康法は、 丹田を鍛えることにあるという。 いわゆる体幹を 鍛えるのですね。 ■病気への対処法も、 西洋の 「悪いところは切る」 「熱が上がったら下げる」 「咳がでたら止める」 といった対処療法とは違うのです。 身体の免疫力を総合...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■お金を節約するトピックを 紹介する一冊です。 小金集めがメインですね。 本質ではありません。■お金については、 無駄に使わないことだと思いました。 山田さん、花輪さん、 良い本をありがとうございました。──────────────────────...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■近藤誠氏の『がんもどき理論』という ものがあるという。 確かに、がん検診の効果はあるのか、 抗がん剤は効果があるのか、 高齢者のがん治療は意味があるのか、 といったことは、 状況によって判断が難しいところが あるようです。■内容については、 標...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■一般的ながん治療の実際を まとめた一冊です。 公的保険の仕組みを知っておくことや、 がん保険をかけておくことが必要です。 病気になってから考えるのではなく、 病気になる前にある程度 知っておきたいものですね。 内田さん、 良い本をありがとうござい...

続きを読む
1 2 3 4 5 6

>月別(2002年7月~)