「預金封鎖 あなたの金融口座を国家が奪うとき」石角完爾

| コメント(0) |

預金封鎖

【私の評価】★★☆☆☆(64点)


■国の国債発行残高は880兆円だという。
 国債の償還・利払いが23兆円なので、
 平均利率は2.6%。


 国債の新規発行額も33兆円となっており
 もはや国債には頼れない状況に
 なっていることがわかります。


 現在は、日本銀行が国債を買い入れ、
 その残高は420兆円にもなります。


 国の借金を国の銀行が
 買い入れているので
 いずれ清算すれば借金は0(ゼロ)、
 ということになります。


・バーゼル委員会による国際ルールの変更で、
 銀行が持つ国債はリスク資産だとみなす恐れが
 出てきたのである・・・
 そこで、日本の市中金融機関は、どんどんと
 国債を手放しはじめている(p5)


■国の借金(国債)が増えていくと、
 場合によってはデフォルト
 することがあります。


 その場合、国は増税をしたり、
 場合によっては預金封鎖を行って
 借金を返していくことになります。


 しかし、日本の借金は
 ほとんどが円建てであり、
 日本銀行が買い入れて、
 通貨流通量を増やしてインフレに
 してしまえばいい。


 日本銀行の国債買い入れは、
 インフレによる国債の清算を狙っている
 ということなのでしょう。


・2001年12月2日、アルゼンチン政府は
 銀行の全ての口座をフリーズする・・・
 1ヵ月250ドル相当の引き出しが認められたのみ・・
 預金封鎖は預金没収よりは軽い措置だが、
 封鎖期間が12カ月にもなると、その間
 インフレ率が100%とすると物の値段が
 12カ月で倍になるから、預金の半分を
 没収されたのと同じことになってしまう(p250)


■借金は、いずれは何かの形で
 支払わなければならないのだと
 思いました。


 それが増税なのか預金封鎖なのか
 ハイパーインフレなのか、
 それだけの違いなのです。


 私たちはこうした状況に対応し、
 自分の資産を維持するために
 価値あるものを保有する必要が
 あるのでしょう。


 それは、金なのか、不動産なのか、
 優良企業の株式なのか、
 それとも自分自身なのか。


 本書自体は状況説明と過去の歴史に
 終始しましたので、★2つとします。


 石角さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・国家が国債を発行し、その国の国民が国債を買う・・
 ローマ教皇の出した4万2000年債や、近代国家でも
 30年債(アメリカ)、50年債(フランス、カナダ)、
 100年債(メキシコ)、永久債などはリスクが高い(p29)


・ナチスはチェコを侵略すると、
 チェコの銀行にドイツ戦争債を買わせて
 チェコ国民の預金の70%をかすめ取った(p30)


・国債とは、人々に気づかれずに人民の富を
 国家権力が略奪するうまいやり口だ。
 したがって、できる限り外国人に国債を
 買わせるのが賢いアメリカ大統領といえる(p39)


・オスマン帝国国債は、ついに1875年にデフォルト
 (債務不履行)に陥った・・・
 1875年時点で、利払いだけで帝国税収の半分に
 達するというサラ金地獄に陥った。
 かくして1299年から続いた偉大な帝国は、
 1929年に終焉を迎えるのである(p83)


・キプロスの第2の規模を誇るライキ銀行が破綻し、
 10万ユーロ以上(1360万円)の預金口座については、
 10万ユーロを超える部分は全額没収となった(p246)


・世界の人口は、2050年には96憶人になる。
 この世界の人口増加は、資源の需要に
 100%つなかってくる。穀物にはまだ
 増産の余地があり、なんとかこの人口
 増加に追いつくかもしれないが、地中から
 掘り出す鉱物資源や貴金属、石油、天然ガス
 については無理だ。値段が跳ね上がって
 いくことは目に見えている(p115)


・1933年の大恐慌のとき、ときの大統領
 フランクリン・ルーズベルトは
 「全てのアメリカ人は持っている「金」を
 ドル紙幣と交換しなければならない」
 という緊急銀行法を制定した。同時に
 「金」を海外に持ち出すことも禁止し、
 100ドル以上の価値のある「金」は
 すべて没収された(p126)


・2010年以降のアメリカの個人負債の問題は、
 教育ローンと車のローンである。
 大学や大学院に行くのに学費ローンを組む。
 学校を卒業して働き出しても車のローンを組む。
 その総額が43兆ドル(5160兆円)になっている(p60)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


預金封鎖
預金封鎖
posted with amazlet at 18.09.05
石角完爾
きこ書房
売り上げランキング: 226,999

【私の評価】★★☆☆☆(64点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

第1部 浮かれた人々
第2部 宙吊り状態
第3部 苦しみの後



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)