本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「日本国債暴落のシナリオ」石角 完爾、田代 秀敏

(2015年5月29日)|

日本国債 暴落のシナリオ

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■2010年に日本国債の暴落を
 検討した一冊です。


 国債の暴落の歴史を分析すると、
 低金利の状態から一気に
 金利が上昇
し、破綻しています。


 つまり、
 不況だからお金を刷る。
 すると金余りで低金利になる。


 そして、
 あるとき国債を買う人がいなくなって
 破綻してしまうのです。


 ちなみに、日本の金利は、
 2013年からの日銀の異次元緩和で、
 異常に低くなっています。


 日本国債の暴落は、
 起きる起きないではなく、
 いつ起きるのか、
 という問題でしょう。


・解決策は歴史の中で示された通り二つしかありません。
 一つ目は、・・「日本銀行に国債を買わせる」・・・
 二つ目の政策は、歳入と歳出を無理矢理に均衡させ、
 国の赤字を抑えることです(p171)


■では、日本国債の暴落に対して、
 私たちはどうすればいいのでしょうか。


 それは、円の暴落を想定して、
 円ベースでない資産を持つこと。


 円の崩壊に影響を受けにくい
 国際的な優良企業の株式を
 買うこと。


 ハイパーインフレ対策として
 実物の資産を持つこと。


 これくらいのようです。


・日本国債の暴落に備えて、何をすればいいか・・
 その1 円建て以外の資産を購入する・・
 その2 国際優良企業の株を買う・・
 その3 金・商品・不動産などの実物資産を買う
 その4 複数の収入源を持ち、リスクを減らす(p207)


■最終的には、
 諦めも必要なようです。


 敗戦の何もないところから、
 日本人は立ち上がりました。


 お金がなくなっても、
 また一から出直すと思えば
 気が楽になるかもしれません。


 石角さん、田代さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・赤字国債という一種の「紙のお金」を
 大量に発行することで、
 一時的に政府は生き延びても、
 国に対する信任は低下していく(p35)


・2010年、国債発行額が税収を上回った・・(p71)


・国家財政が破綻した場合に、
 国が一般国民に外貨の保有を禁じる場合もあります。
 ロシア、アルゼンチンでは、
 外貨の換金が国内金融機関で
 一時的に禁じられました。
 また「ドル化」という現象が起こります(p173)


・日本国債暴落は、外貨を持つ人間にとっては、
 日本の資産を買いたたく絶好の機会になるでしょう・・・
 中国企業の「日本買い」はすでに本格化している(p180)


・「良いことは七年以上は長く続かない。
  悪いことは四十年続く」
 ユダヤの格言(p203)


・国債暴落が不可避であれば、
 それを受け止めるしかない・・・
 ユダヤの聖書には
 「人は塵から生まれて塵に返る」
 という言葉があります(p210)


・ユダヤ人の家庭教育の中で頻繁に出てくる言葉は
 「ビー・ユアセルフ!」・・訳せば
 「自分を見つけろ」という意味です(p214)


日本国債 暴落のシナリオ
日本国債 暴落のシナリオ
posted with Amazonアソシエイト at 15.05.28
石角 完爾 田代 秀敏
中経出版
売り上げランキング: 65,128

【私の評価】★★★☆☆(79点)



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 日本国債がデフォルトする日
第2章 日本国債を買う人がいなくなる!
第3章 日本から中国への「マネーシフト」が起きる!
第4章 日本国債の暴落で、私たちの生活はどうなるか
第5章 日本国債の暴落に備えて、何をすればいいか


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: