「図解 社内分社成功法―そのまま使える実践マニュアル」加藤 邦宏

|

図解 社内分社成功法―そのまま使える実践マニュアル

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■社内分社とは、どんぶり勘定ではなく
 会社をいくつかのユニットにわけて、
 儲かっているのかどうか見るもの。


 それぞれのユニットの責任者は、
 経営者のような自由裁量を持ちます。


■あくまでも仮想の分社化ですので、
 仕組みをしっかり作ることが大切です。


 毎月決算であることや、
 ラインが主役でスタッフが従であるという
 原則が大事だと感じました。


 加藤さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・原価確定の方法として「直接原価法」を用います・・
 ユニットにおいて発生した固定費を「直課固定費」とし、
 共通固定費を「人頭割り固定費」「粗利割り固定費」
 の二種類に分けて・・(p20)


・経理、総務、労務、開発、広報、システムなどを
 担当するいわゆるコーポレート・スタッフ・・・
 ラインへの奉仕機能に徹する(p32)


・ユニット責任者に任されることは、
 原則として事業計画に盛り込まれ、
 すでに承認を得た内容です・・
 求められているのは最終的にはPLですから・・
 社員をどう動かすかについて裁量権を持っています(p36)


・年計図は、季節変動を除去してビジネス・トレンドが
 どのような状況にあるかを判断する・・
 毎月過去12月分のデータを毎月時系列に
 つないで見てゆく(p96)


・セールス担当者は、行動管理と
 行動の生産性を高めるために毎日、
 日報を記帳します・・・
 日報の形式は、何時から何時までどこで
 どのような仕事をしたのかがわかる
 「時間管理型」にすることが原則です(p134)


・「OJT手帳」というノートを作ります・・
 習得しなければならない実務的な知識やスキルの
 項目を、担当職務ごとに分解して記載します・・
 3段階、あるいは4段階の区分があり、社員が
 その項目の、所定のレベルを満たしたと判断される
 ときには、その欄に「適」・・(p184)


図解 社内分社成功法―そのまま使える実践マニュアル
加藤 邦宏
東洋経済新報社
売り上げランキング: 399,013

【私の評価】★★★☆☆(71点)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■楽天ポイントを集めている方はこちら『いいね!』


■目次

第1章 UMSのねらいと仕組み
第2章 社内分社の出発点はユニット設計
第3章 経営内容がわかる会計原則をつくる
第4章 事業計画は約束である
第5章 計画実行をいかに管理するか
第6章 大所高所からのユニット・コントロール
第7章 セールス活動こそ生命線
第8章 商品開発とマーケティング
第9章 実力主義の賃金制度
第10章 社員教育と活性化


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)