「やってはいけないウォーキング」青栁幸利

| コメント(0) |

やってはいけないウォーキング (SB新書)

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■健康のためには8000歩のウォーキングと
 中強度の運動20分間があればいい
 と主張する一冊です。


 ここで中強度の運動とは、
 やや重い家事、速歩き、山歩きなどです。


 「なんとか会話ができる程度」の
 運動が良いらしい。


■歩きすぎでも疲れてしまうし、
 激しすぎる運動も身体を壊してしまう。


 ちょうどいいのが中強度の運動であり、
 ほどほどの運動にしたいものです。
 

 青柳さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ウォーキングは、親の介護による見えないストレスも解消してくれる(p171)


・中之条研究で「7000歩/15分」以上の身体活動を続けてきた人のがんの発症率は、それ未満の人と比べて格段に低いことがわかりました(p134)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


やってはいけないウォーキング (SB新書)
青栁 幸利
SBクリエイティブ (2016-01-07)
売り上げランキング: 97,648

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■目次

第1章 その「ウォーキング」では病気になる!
第2章 たったこれだけ! 「歩き方」を変えれば人生が変わる
第3章 健康寿命が延びる! 「中強度」ウォーキングとはなにか?
第4章 カンタンですぐに効果が出る! 「これ」が正しい歩き方
第5章 病気が治る! 症状別の「歩き方」
第6章 ズボラでも続く! 生活にとりこむ「ウォーキング」



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)