「口がきれいだと、健康で長生きできる 万病・突然死を遠ざける近道」古舘 健

| コメント(0) |

口がきれいだと、健康で長生きできる 万病・突然死を遠ざける近道

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■歯科口腔外科助教が教える
 口のメンテナンス方法です。


 まずは歯間ブラシ、フロスで
 歯と歯の間の食べ残しを
 しっかり除去する。


 できれば2種類の歯ブラシを使うと
 効率的に歯をきれいにできるという。


・食べ残しが原因の口臭は、デンタルフロスや
 歯間ブラシを使うことで簡単に防ぐことが
 できます。それにもかかわらず、歯と歯の
 間の清掃をおこなっているのは・・女性の
 約半数・男性の約3割しかいません(p100)


■また、3か月に1回は歯医者さんで
 歯のメンテナンスをしてもらうと
 良いらしい。


 後は、水分を充分とって唾液が
 出るようにする。
 それくらいで健康になるというのです。


 古館さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・寝ている間は脱水症状を起こしやすい状態です。
 寝る前に、コップ1杯の水を準備して、
 夜中に目が覚めたらこまめに口にする
 習慣をつけたいですね(p24)


・ガムを噛むと、ストレスが緩和され、
 適度な緊張を保つことができる(p38)


・私がオススメしたいのが、カラオケです。
 なぜならば、呼吸や発声を通して、
 口回りの筋肉や舌を意識的に
 動かせるからです(p41)


・青森県は、平均寿命が男女とも全国最下位
 (2015年)です・・購入金額で青森県が
 日本一のものは、コーヒー飲料・カップ麺・
 つゆやたれ・ソーセージ・チューハイや
 カクテルなどでした(p48)


・1日3リットル以上のペットボトル入りの
 ジュースを飲んでいた10代の男性が
 呼吸状態が悪化して、
 命を落としたという事例もあります(p53)


・1本の歯ブラシで完璧を目指すのでなく、
 タイプの異なる2種類の歯ブラシを使う
 「歯磨き二刀流」をオススメします(p84)


・血が出ると磨き過ぎているんだと思って
 磨くのをやめてしまう方がいます。
 しかし、逆です。血が出るところほど、
 ていねいに磨くことが大事なのです(p101)


・全身麻酔を受ける前には最低でも
 2か月間禁煙しないと、命を失う危険性が
 高くなるということをご存じでしたか?
 タバコを吸い続けると、肺がボロボロになり、
 息がうまく吐けなくなってしまいます(p119)


・3か月に1度の口のメンテナンスをすると、
 この「未病」の段階で、さまざまな病気を
 予防できると考えられています(p185)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


口がきれいだと、健康で長生きできる 万病・突然死を遠ざける近道
古舘 健
KADOKAWA (2019-07-19)
売り上げランキング: 86,662

【私の評価】★★☆☆☆(67点)



■目次

第1章 あなたを健幸に導く健口習慣その1―だ液アップエクササイズで口も人生もうるうるに
第2章 健幸の秘訣は「食べ方」にあり―「噛む」ことで健幸come come!
第3章 あなたを健幸に導く健口習慣その2―口のケアの極意、お教えします
第4章 あなたを健幸に導く健口習慣その3―口を鍛えて呼吸を改善
第5章 口から始める、不慮の事故死を避けるケア



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)