「戦略がすべて」瀧本 哲史

| コメント(0) |

戦略がすべて (新潮新書)

【私の評価】★★★★☆(84点)


■戦略とは、より少ない努力で
 より大きな成果を出すための
 組織の方針です。


 ビジネスにおいては、
 自社が勝てる土俵で戦うこと。
 資源をそこに集中する。


 しかし、集中するとは、
 他を切り捨てること。
 普通の日本人には難しい。


 結果して総花的な計画となり、
 日本人は戦略が弱いと
 言われてしまうのでしょう。


・どの土俵なら勝てるかを見極め、
 勝てる土俵を選ぶ・・・
 楽勝でできることを、徹底的にやる(p95)


■この本では戦略だけでなく、
 知恵を使った戦術も
 数多く紹介しています。


 騙し続けられる「カモ」を探す方法・・・
 報道ニュースを作り出す方法・・・
 大学の偏差値を上げる方法・・・


 かつてのFIT電気のように嘘があったとしても
 CMとしてインパクトがあり、
 売り上げさえ上れば
 違法ぎりぎり何でもありの会社も
 多いのは事実なのです。


・自分がよく精通しているテーマの新聞報道を
 読んでいると、例外的で特殊なケースが
 一般例のように報道されることは決して
 珍しくない・・・取材側はすでにある種の
 ストーリーを事前に作っていて、これに
 合うようなエビデンスを探し出すという
 方法で取材を行っている(p142)


■良い意味でも、悪い意味でも
 日本人は戦略に弱いのだと
 思いました。


 だから戦略的にやれる人に
 やられてしまう。


 勝つためにウソでも誤解を与えても
 どうどうとCMを打つ。
 勝つためにライバルの商品を
 コピーする。
 勝つために不振の事業部を潰して
 好調の新事業に集中する。


 さすがにそこまではできないとしても、
 やれる範囲で真正面から戦略を
 考えていきたいものです。


 瀧本さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・鉄道会社は、鉄道を敷いて、その周辺の街を
 開発することで、大規模な集客を行い、
 そこに様々な事業者のビジネスを誘致する(p30)


・勝てる土俵を作り出す・・・
 オリンピックにおける正しい戦略とは何か・・
 「メダルがとりやすい競技を見極め、
 そこに資源を集中して投入する」・・・
 マイナー競技も狙い目である・・(p90)


・「知恵」を輸出するビジネス・・
 オーストラリアなどで安く土地を買い、
 その土地を改良し農地として使い易くした後に
 高値で売却する(p127)


・「市場からの評価」というリスクは会社にとらせ、
 自分は社内という狭い世界で評価されることを
 目指し、イニシャチブをとって会社の変化を
 主導する・・この方策を狙うのが最もローリスクで
 リアリティがあるのではないかと思う(p88)


・幾つかの大学では、大学の見かけの偏差値を
 上げる手段として、推薦などの
 「多面的な人物評価」枠を増やすことで、
 通常の入試の定員を減らしている(p206)


・コンサルティング会社でも弁護士事務所でも・・・・
 「太い客」を持ってくることが、
 出世の決め手になる・・
 素質のありそうな人間をとりあえず大量採用し、
 才能が開花して顧客を獲得できた人間だけが
 パートナーになれる(p21)


・「逆をとる」、すなわち自分の仮説と
 逆の考え方や事実を探し、それがどの程度
 信頼できるかという、反証的な視点で
 確認していく・・・ネガティブな評価を
 している人達を中心にヒアリングする(p148)


・日本人の組織は、意思決定のまずさを
 現場の頑張りで何とか解決しようとする。
 ところが残念なことに、
 「戦術の失敗は戦略で補うことが可能だが、
 戦略の失敗は戦術で補うことはできない」(p248)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


戦略がすべて (新潮新書)
瀧本 哲史
新潮社
売り上げランキング: 21,741


【私の評価】★★★★☆(84点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

1 ヒットコンテンツには「仕掛け」がある
2 労働市場でバカは「評価」されない ル
3 「革新」なきプロジェクトは報われない
4 情報に潜む「企み」を見抜け
5 人間の「価値」は教育で決まる
6 政治は社会を動かす「ゲーム」だ
7 「戦略」を持てない日本人のために



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)