本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「君に友だちはいらない」瀧本 哲史

2014/01/06本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

君に友だちはいらない


【私の評価】★★★★☆(82点)


内容と感想

■東京大学からマッキンゼー、
 その後、日本交通の再建に携わり、
 現在は投資家として
 活動している著者の一冊。


 成果を出すチームは、
 「7人の侍」のような
 目標を持った色々な特技を持った
 ゲリラ的なチームであるという。


 これはマッキンゼーでの
 経験によるものなのでしょう。


・マッキンゼーとリクルートを卒業した社員に、起業して成功する人が少なくないのは、このように「ブートキャンプ的環境」で厳しく鍛えられた経験があるがゆえなのである・・・その業務を通じて大きく成長することができる会社は、ブラックではないのだ(p138)


■確かに、普通のチームでは、
 できそうな目標を設定して、
 そこそこで満足してしまうケースが多い。


 そうしたチームでは、
 能力のある人は、
 片手間でも対応できる。


 その代わり、
 結果は凡庸で終わるのです。


プレッシャーがないところでは、「非凡な人」は退屈し、「凡庸な人」だけが残ることになる(p221)


■理想は高いですが、
 こうした本が書かれるように
 そうしたチームはできにくい。


 結局は、できなさそうでできる高い目標を
 いかに設定し、チームでコミット
 できるのかどうかだと思いました。


 瀧本さん、 
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・大きな世の中のパラダイム・シフトというのは、「世代交代が引き起こす」(p31)


・パナソニック、ソニーは、それぞれ松下幸之助が24歳、井深大が37歳のときに起業している。・・ソフトバンク、日本電産、ユニクロは、孫正義が22歳、永守重信が28歳、柳井正が35歳のときに社長になった(p36)


・本質的にノマドやフリーランスは「強者」にのみ許される働き方であることに注意しなければならない(p76)


・毎年、灘、開成、麻布、ラ・サールなどの高校は、他の高校とはケタ違いの数の生徒を東大に送り込む・・・「東大に行くのことが当たり前」であるがゆえに、多くの学生が東大に行くのである(p124)


・私はいつも「大学の本当の価値は、一に同級生、二に図書館が充実していること」と述べている(p127)


・どんな人を引き寄せるか、どんな人が自分に対して関心を抱くかは、その人自身の人生の反映であり、「まわりにロクなやつがいない」というのは、鏡に向かって悪口を言うのに等しい(p171)


・「そもそも、その業界がある意味は何なのか」・・・たとえば出版社ならば、・・・なぜ本を作って売るのかをつきつめて考えれば、「コンテンツを通じて人々の生活を精神的に豊かにする」「生活していくなかで人々が必要とする情報を提供する」(p233)


・「何でもいいので年間で10億円ぐらい利益が出るアイディアを5個ぐらい出してください」というオファーが出されたことがあった。(p289)


・友だちも仲間も他人から「配られる」ものではなく、自分自身の生き方を追求することで、自然にできあがっていくのだ・・・自分自身が主人公となって世の中を動かしていく「脚本」を描くことなのだ(p322)


▼引用は下記の書籍からです。

君に友だちはいらない
君に友だちはいらない
posted with Amazonアソシエイト at 14.01.05
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 30


【私の評価】★★★★☆(82点)



目次

第1章 秘密結社をつくれ
第2章 本当の「よいチーム」とはなにか
第3章 ビジョンをぶちあげろ、ストーリーを語れ
第4章 よき仲間との出会いのために
第5章 チームアプローチはあなたと世界をどう変えるか


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: