「近藤誠氏の『がんもどき理論』の誤り―病理医の見たがんの真実」斎藤 建

|

近藤誠氏の『がんもどき理論』の誤り―病理医の見たがんの真実

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■近藤誠氏の『がんもどき理論』という
 ものがあるという。


 確かに、がん検診の効果はあるのか、
 抗がん剤は効果があるのか、
 高齢者のがん治療は意味があるのか、

 といったことは、
 状況によって判断が難しいところが
 あるようです。


■内容については、
 標準的な医療関係者の主張と
 同じものとなっています。


 「がん」という病気に
 まだ確定した治療法はありません。


 これから歴史が作られるのでしょう。


 斎藤さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・胃閉塞や出血による貧血などの症状がある
 進行胃がんでは、・・・胃を全部とって、
 食道と小腸をつながなければ
 ならなくなることが多いのです・・・
 ほぼ三分の二の患者さんが五年以内に死亡する(p24)


・乳がんでは、胃がん、大腸がんなどと違い、
 抗がん剤の延命効果が臨床的研究で
 明らかになっています(p89)


・胃、腸の小さい粘膜内がんでは、胃、腸を切除しない
 というのが、現在の消化器病学の原則です・・・
 大腸がんのポリープがん、微小浸潤がんに
 腸切除はしません(p153)


近藤誠氏の『がんもどき理論』の誤り―病理医の見たがんの真実
斎藤 建
主婦の友社
売り上げランキング: 380,545

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 近藤誠氏の「がんもどき理論」の言う通りにすると、治るがんも治らなくなってしまいます
第2章 がん治療の前に、がんと診断する...それがわれわれ病理医の仕事です
第3章 がんは「本物のがん」と「がんもどき」の二種類に分類できるほど単純ではありません
第4章 がん細胞は増殖し、浸潤し、それから転移します。浸潤しなければ転移はしません
第5章 乳がんと闘って亡くなられた千葉敦子さんの手記をもとに、近藤氏の見解の誤りをつく
第6章 がんは進行するほどに予後が悪くなる。これを認めない「がんもどき理論」は間違いです
第7章 進行がんも最初の時期はゼロ期がん。浸潤だけでも命とり。だから、がんを放置するなかれ
第8章 手術は役に立ちます。しかし不必要な拡大手術はやめさせなくてはなりません
第9章 早期発見・早期治療がベスト。でも早期がんでなくても小さければ治せる可能性が高い
第10章 最良の治療法を選択するには、間違った説ではなく、がんの真実の姿をよく知ることです


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)