★3成功哲学の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★☆☆(70点) ■「誤努力」とは、  正しいと思って手を打ったものの  正反対の結果が出てしまうことです。  サッカーでいえば  オウンゴール。  人事でいえば  成果主義導入で社員が  やる気をなくしてしまった、  というところでしょうか。 ・正解の反対は間違いだと考えるのは、  それこそが思い込みです。  正解の反対もまた正解ですが、...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■世の中には、  「いい人」と「自分勝手な人」  がいます。  個人としては  「自分勝手な人」が  近くにいると困ります。  でも、何かをなす人、  面白い人は  「自分勝手な人」なのです。 ・サラリーマンは仕事を通して成長する・・  「いい人」にはこの基本が  わかっていない(p147) ■「いい人」は人間関係を  重...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■日本版「引き寄せの法則」  のような一冊です。  引き寄せの法則といえば、  強く信じることで、引き寄せる。  自分に似たものが引き寄せられる。  この本では、  言霊で願望を叶える  コツを学びます。 ・言霊(願望)の書き方・唱え方としては、  自分が現実化したい目標や成就させたいことを  そのまま素直に発します・・ ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■自己啓発ブロガーから、  サラリーマンを辞め  各地でトークショーを開催している  さとう みつろうさんの一冊です。  さとうさんが伝えたいのは、  私たちはすでに幸せである、  ということ。  生きているだけで、  ありがたいですからね。 ・この街で人間たちは  悩んでいるのかもしれないが、  結局はみんな、幸せなんじ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■豊かに成功するための法則は、  あるのでしょうか。  私はあると思います。  人はそれを成功哲学といい、  宇宙の法則といい、  引き寄せの法則といいます。  多くの人が、  それを伝えようとしています。 ・あらゆる失敗には  成功の種が含まれています・・  失敗とは、何かを創造するための  踏み石です(p25) ■失敗...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■超・ロジカル思考とは、  正しいことの先にある  人生で大切なことです。  つまり、  ロジカルが評価だとすれば、  超・ロジカルは評判。  または、  ロジカルが"効率"なら、  超・ロジカルは"運"です。  効率の良い人ではなく、  運の良い人になりましょう。 ・食事、睡眠は運を良くするためには  絶対欠かせないもの...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■過去の歴史から、成功哲学を  学ぼうという一冊です。  ナポレオン、ハンニバル、  古代ギリシャ、東ローマ帝国、  劉備、上杉謙信、・・  に学びます。  成功への道は人それぞれですが、  失敗のほうはパターン化できそうに  感じました。 ・なりふり構わず、  逆らう者は皆殺し・・  強固に見える「壁」も  意外に脆い(...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■経営者である加地さんは、  バイクで事故を起こし、  5日間意識不明になりました。  生死をさまよった後、  目を覚まして気づいたのは、  自分は何も残していないということ。  そこで加地さんは、  「成功する人の考え方」を伝える  ウェブサイトを立ち上げました。 ・どん底の時、僕は偶然にも人生を  左右する師と出会いま...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■斎藤一人さんによる  一問一答です。  斎藤一人さんは、  すぐに答えてくれます。  どんな質問にも、  準備ができているのですね。 ・何も夢がないとき、何から始めたらいいですか・・  あのね、夢がないんだからしょうがないの。  そういう人は、周りに夢のある人、いるかい・・  いたら、その人の夢の実現に協力するの(p93...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■目標達成コーチが教える  目標達成の手法です。  まず、コーチが指示するのは、  アファメーション(自己暗示)です。  そして、宝地図(夢マップ)を作り、  成功をイメージする。  具体的にイメージできたものしか  実現しない、  ということなのでしょう。 ・コーチは次に、「毎日20分間インカンテーション  (感情を伴っ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■ヘッドハンターが教える  上級管理職への転職に成功する人の  特徴です。  求人側が求めるのは、  経験、知識だけではありません。  組織のトップとして  神輿に乗るに値する  雰囲気と風格を持っているのか  ということです。 ・いざ事業部の長となる立場になると、  周りの人間がついてくるかどうかが  一番重要になってく...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) ■この本で、"運のある人"の定義は、  見えない工夫をしている人です。  つまり、天才とは、  見えない努力をしている人。  常に先回りをして、  地道な作業をしているのです。 ・運がある人になるためには、  先まわりとコツコツを  やればいいのです(p43) ■うまくいく人は、  毎日うまくいくための  行動をしています...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■トイレに行こうとして、  なぜか中谷さんの本が目に入り、  トイレの中で読み切りました。  いつもの、つらい時に、  成功するまで頑張る気持ちを  応援してくれる一冊です。  こうしたアドバイスは、  経験した人でないと  難しいんですよね。 ・成功へ続く階段は、  上にではなく、  底にある。  もっと落ち込もう。(p...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■著者はハーバード大学で  「ポジティブ心理学講座」を担当。  内容は、人の特性を利用して  成功する方法となっています。  たとえば、  ストレスは悪い効果だけではなく、  良い効果もある。  ゴールが近くなると、  やる気が出る。  そういった特性です。 ・「今感じているストレスは自分のパフォーマンスを  向上させる働...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■小説でも、マンガでも、  生きていくうえでの智恵を教えてくれると  うれしいもの。  この本では、マンガから  壁にぶちあたっている人への  アドバイスを集めています。  とにかく、前に進め!  ということですね。 ・やればできる!きっとできる  でもやらなきゃ何もできない   天野こずえ「あまんちゅ!」  (マッグガー...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9

>月別(2002年7月~)