本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「もし真田幸村が現代に生きていたら 「成し遂げる」人になる10の条件」濵畠 太

enspace 2020/12/12メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(78点)


要約と感想レビュー

■人の人生とは短く、儚(はかな)い。
 そんな100年余りの生を全うするために
 「何か爪あとを残したい」。
 そう強く思う方は一定数
 いらっしゃるのではないでしょうか?


 「一度定めた目標は最後までやりきる」
 と言葉にするのは簡単です。


 しかしながら、いざ実行に移してみると、
 たくさんの課題や障壁が
 あることに気づきます。


 「成し遂げよう」と決意したとしても
 その思いを「継続・持続できる力」が
 なければ、達成することはできません。


■本書はそんな「継続力」をつけるための
 ヒントが、戦国時代最後の戦いを飾った
 "真田幸村"の生き様をベースに
 書かれています。


 彼は「日本一の兵」との声も高く、
 あの徳川家を2度も欺いた"頭脳明晰"な
 武将としても有名です。


 一方、苦労人であり、立ちはだかる壁に
 勇猛果敢に挑み続けた"努力の人"
 でもあります!


 どんなに悪いことが起きても、捉え方や
 リフレーミング次第で物事を良い方向に
 転じさせていたそうです。


■「諦め・挫折・失敗・劣等感・ストレス・
 コンプレックス・虚脱感」などネガティブな
 感情を、目標に向かって前進するエネルギーに
 変えることは容易ではありません。


 私も複数のことを同時にこなしつつ
 ある程度の結果を出すことはできる・・・
 いわゆる器用貧乏と言われるタイプで、
 何か1つのことにひたすら打ち込む
 ことが苦手でした。


 しかし本書を読み「本当に極める」為に、
 余所見せず一点集中して進んでいくことの
 大切さを学びました。


 濵畠さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

覚悟とは、"引き受ける"ことに等しい


■リーダーだけでなく、誰もが
 自責の念を持つことで主体的に考え、
 創り出そうという意識が芽生えると思います。


 自らの力で何とかしよう、
 突き進もうする『強さ』が、
 覚悟ではないかと思います。


こんな人にオススメしたい!

・今、現在人生の壁にぶつかっている方。
・自分の理想と現実のギャップに悩んでいる方。
・どちらかと言えば器用貧乏だけど、これといって誇れるものが無いと感じている方。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

濵畠 太、カナリアコミュニケーションズ


【私の評価】★★★☆☆(78点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 潔く、覚悟を宿す
第2章 耐えてこそ、得るもの
第3章 策略を巡らせる
第4章 壁を越える力
第5章 知識と経験を高める
第6章 失敗を、失敗と捉えない
第7章 揺るがない、意思を示す
第8章 心の態勢を整える
第9章 自己実現と自己犠牲
第10章 生きてきた道は、残像となる


著者紹介

 濱畠 太(はまはた ふとし)・・・ 1973年生まれ。モビリティランド(鈴鹿サーキット)、柿安本店、大東建託を経て、鎌倉新書プロモーション室長。現在は一般社団法人「人生100年時代協議会」の代表理事など、複数の職に就いている。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: