本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ていうか、神さまってなに? やばいほど願いが叶い出す!!」荒川祐二

(2020年3月20日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■作家である著者の前に
 突然、スサノオという神が
 現れたという。


 この本には,その神が
 著者に教えてくれた教えが
 示されています。


 日本は言霊(コトダマ)の国と
 言われるだけあって、
 前向きな考え方がよろしいようです。


 つまり、どんなことがあっても
 明るく、楽しく、元気よく、
 ツイてるな、ラッキーだなと
 信じる人に良いことがおこるのです。


・神道というのは、ある意味、究極のポジティブ思考・・・『嫌なことが起きたから、もう起きない、ラッキー』の世界(p61)


■そして神社は、
 自分をリセットする
 場所であるという。


 つまり、汚れた心ではなく
 純粋な幸せを願う心に
 リセットする。
■作家である著者の前に
 突然、スサノオという神が
 現れたという。


 この本はその神が
 著者に教えてくれた教えが
 示されています。


 他人に嫉妬する心ではなく
 あの人のようになりたい!
 と自分の気持ちに
 正直な心になる。 


 赤ちゃんのような
 純粋な心でなければ
 願いはかなえられないのです。


・本当は『家族で幸せになりたいから、お金が欲しい』のに、根本の願いを見れていないから、『お金が欲しい』だけを願ってしまうんや・・・俺たち神も、『それは違うやろ』ということに気づかせるために、敢えてトラブルや試練を起こすこともある(p193)


■実は神とは
 自分の中にあるのではないか、
 と感じました。


 自分を信じることで
 神的な力が働き、
 それを実現させるのです。


 荒川さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・君ら人間も生命を輝かせることができるように、いつまでも『明るく、楽しく、元気よく』な。その心にこそ、俺たち神は宿るから(p63)


・結局A君はどんな状況になっても、『自分は成功する、自分は幸せだ』と、信じて疑っていない。だから結局、成功や幸せにつながる道筋がドンドンやってきて、現象がドンドン思い通りになっていく(p73)


・『もっと○○になれますように』と、願いの前に『もっと』をつける。そうすると、『今も十分○○だけど、もっと○○になれますように』と、見事に深層心理の設定が変わる(p86)


・俺たち神は君らが望むのならば、必要な縁もつなぐし、必要な気づきも無限に与える・・・君らがそのひとつひとつの出来事を通して成長して、その先でいくらでも成功できる人間になるためにある(p104)


・自分自身の本当の願いとは、ある意味、この人生におけるテーマでもある。今この瞬間、もし自分が死ぬとしたら、何を後悔するだろう?何をしておけばよかったと思うだろう?(p195)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ



荒川 祐二 、KADOKAWA

【私の評価】★★★☆☆(70点)


[楽天ブックスで購入する]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章/なぜあなたの願いは叶わないのか?
第2章/なぜムカつくあいつの願いは叶うのか?
第3章/ていうか、神さまってなに?
第4章/神さまと友達になる方法
第5章/神さまと幸せに生きるための9つの教え


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: