本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ほめ本」前田安正

(2020年3月21日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(70点)


■朝日新聞の校閲センター長による
 敬語の使い方を考える一冊です。


 新入社員のストーリーに合わせて
 敬語の悪い使い方、良い使い方を
 説明しています。


■日本語ははっきり書かないといわれますが、
 やんわり言うのが標準なので
 はっきり言いにくいのも事実でしょう。


 日本語の敬語も文章術も時代とともに
 変わっていくかもしれませんが、
 まずは基本を学びましょう。


 前田さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・やみくもに「お世話になっております」と書くのは、思考を停止した感じに受け取られなくもない(p29)


・ありがとうございました⇒お礼申し上げます・・・ほかにもバリエーションがあると便利だよな・・・ご厚情に感謝申し上げます・・・恐縮しております(p40)


・「つまらないものが」も使い方に注意。「心ばかりの品ですが」などと使うようにしよう(p69)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです。

前田安正、ぱる出版


【私の評価】★★★☆☆(70点)



■目次

ほめACTION1 依頼のメールは簡潔かつ丁寧に
ほめACTION2 謝るときは誠心誠意、心を込めて
ほめACTION3 理屈だけで攻めても納得は得られない
ほめACTION4 意を尽くし理を尽くして、人を動かす
ほめACTION5 ほめ名人現る。あれ?なんと同い年だ
ほめACTION6 コトを動かすには、ヒトを巻き込まなくちゃ


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: