本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ちょっと神さまになってみました 死んで分かった、あの世の仕組み」荒川 祐二

2021/02/26本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ちょっと神さまになってみました 死んで分かった、あの世の仕組み」荒川 祐二


【私の評価】★★★★☆(80点)


内容と感想

■現役の住職さんが監修者として
 仏教の世界をくだけたストーリーで
 教えてくれる一冊です。


 人が死ぬと「死出の山」を
 7日間歩き続け、三途の川で
 最初の裁判が開かれるという。
 これが初七日。


 それから一週間ごとに七王による
 生前の行いの裁判を受け、
 良い行い、悪い行いにより
 輪廻転生先が決まるのだという。
 これは四十九日。


・最後の泰山王によって、6つある迷いの世界=六道(地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人界、天界)のどれに進むかが決まる。これがいわゆる「輪廻転生」(p50)


■面白いのは、何度も生まれ変わる
 という「輪廻転生」の目的が、
 魂の成長である、ということ。


 魂の成長させるためには、
 感謝されるという「徳」という
 ポイントを貯める必要がある。


 人から感謝されレベルアップして
 後悔のない人生を送り、人として
 やるべきことをすべて終えたら
 「神」にさえなれるという。


・欲しいものを手に入れるまでの困難や過程があるからこそ、手に入れたときの価値を感じているわけでな。そこに苦しみや迷いの意味がある。何でも容易に手に入るというのは、ある意味、不幸なんや(p135)


■よく考えれば、仏教と同じように
 キリスト教にも死後の世界、
 天国と地獄があり、
 悪魔という鬼がいる。


 輪廻転生するか、しないか、
 評価軸が罪か信仰心かなど
 違いはあるものの、
 大きな世界観では近いものが
 あるように感じました。


 ある意味、宗教とは組織化された
 成功哲学を伝承する仕組みのように
 感じました。


 荒川さん
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・お前らは現世の人生までに、数えきれないほど何度もの生まれ変わりを経て、今回の人生を迎えている(p74)


・とにかく人を憎み、憎み、憎み、目に映るものすべてに対して憎しみを持ってしまった、悲しき存在。それが鬼(p191)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「ちょっと神さまになってみました 死んで分かった、あの世の仕組み」荒川 祐二
荒川 祐二、KADOKAWA


【私の評価】★★★★☆(80点)



目次

第一章 死後の世界をめぐる旅
第二章 ちょっと神さまになってみました
第三章 神さま見習いからのメッセージ


著者紹介

 荒川 祐二(あらかわ ゆうじ)・・・1986年3月25日生まれ。上智大学経済学部経営学科卒。大学時代に「自分を変えたい!」という思いで、毎朝6時から新宿駅東口の掃除をたった1人で始める。その活動は2008年、22歳の時に書籍にもなり、作家としての道を歩み始め、現在までに著書17冊、発行部数は累計10万部を突破している。2017 年3月から、古事記の物語や日本の神々の歴史をブログでコミカルに伝え続け、わずか半年で1日最高5万アクセス、月間アクセス100万を突破する。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: