無料メルマガ購読

★5お金と健康の最近の書評

【私の評価】★★★★★(90点)■子宮頸がんワクチン問題を 取り上げた一冊です。 子宮頸がんワクチン問題とは、 ワクチンを接種した子どもに  "激しいけいれん" "自分の意思とは無関係に手足が動く" "歩けない" "階段が登れない" といった症状が出るという問題。 そのため、予防接種は停止され、 全国子宮頸がんワクチン被害者の会が ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■食後は、デンタルフロスや 歯間ブラシを使いなさいという 衝撃の一冊です。 実は私も歯医者さんに勧められて 歯間ブラシを使うようになってから 虫歯と歯ぐきからの出血がなくなり、 口臭もなくなりました。 どうして日本では、 デンタルフロスや歯間ブラシが 常識になっていないのでしょうか。・デンタルフロスや歯...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■がん治療の専門家でありながら、 ホスピス・緩和ケアの拡大を 図っている佐藤さんの一冊です。 がん治療では、いわゆる マニュアルどおりの治療が 行われることが多いと言います。 マニュアルが悪いというわけではなく、 患者が高齢だったり、末期で 効果が期待できないとしても 抗がん剤治療を行ってしまう。 それ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(92点)■トレーニングに関係する研究成果を まとめた一冊です。 合理的なトレーニングは、 合理的な研究により成果が 検証されなくてはなりません。 筋肉を付けるには、 筋肉の疲労限界までのトレーニングを 三か月は続ける必要があるとのこと。 ライザップは二か月単位ですので、 月単位で継続が必要なのですね。・筋肉の変...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■精神科医の和田さんが、 医学界についてぶっちゃけた 一冊です。 まず薬については、 日本人を対象とした長期間・大規模の 薬の効果を調査したデータがないことを 問題視しています。 医者自身も本当にその薬が 長期的視点で患者の寿命を伸ばし、 生活レベルを良くするのか わからないのです。 医者としては、...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■モルガンスタンレー、ゴールドマンサックスで 活躍し、個人の不動産投資でも成功し、 お金と幸せを両立している 逢坂(あいさか)ユリさんの人生哲学です。 ユリさんの考え方は、 お金を貯めるよりも、 自分の能力を貯めるということ。 お金を稼ぐ力があれば、 いつでも、どこでも 生き残ることができるのです。・...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(91点)■成功したかったら、 成功した人に聞けばいい。 お金のことは、 お金持ちに聞きましょう。 この本では、大商人の斎藤一人さんに お金について教えてもらいます。・お金持ちになりたかったら "お金がある人"に聞け(p49)■最初に、一人さんは お金を自分にあげましょう、 と言います。 お金を人に払うというこ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(95点)■7兆円もの資産を持つ米国の投資家 ウォーレン・バフェット。 その思考はどうなっているのか、 興味があって手にした一冊です。 バフェットは、子どもの頃、 ゴルフ場で拾ったゴルフボールを売ったり 競馬場で落ちている当たり馬券を探して 小金を稼いでいました。 金が好きだったというよりも、 金を集めるゲームを...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■日経BP記者、投資ファンド運営会社を経て、 お金についてコンサルティングしている 加谷さんの一冊。 お金持ちは、歴史を学ぶことで 人間の性(サガ)を学んでいるらしい。 人間の性が変わらないとすれば、 経済も同じような動きをすると考えられるのです。・世界恐慌(1929年)をリーマンショック(2008年)に、...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■私もお金は投資していますが、 あまりリスクは取らないようにしています。 会社勤めとすれば、 仕事を通じて成果を残すことが 最大の目標であるべきで、 投資ばかり考えている時間はありません。 そんな人にぴったりの 投資アドバイスの本でした。・まずは、「期待資産額」を計算してみましょう。 期待資産額=年齢×世...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(94点)■気軽に読み始めた一冊ですが、 お金持ち本としては、 久しぶりに面白い本に出会えたと感じました。 私もまだお金持ちとは言えないので、 私の知らない世界も教えてくれるのです。 お金はないと不安ですが、 お金があっても不安なのですね。・お金持ちの場合、失いたくないものがあまりにも 大きいため、お金をなくすのでは...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(93点)■昔むかし、あるところに おじいさんとおばあさんがいました・・・ だれもが知っている日本昔話を ちょっとアレンジ。 日本昔話を読みながら、 お金について考えてみよう! という一冊です。 「かちかち山」のタヌキって、 おばあさんを殺して、 ババア汁をおじいさんに食べさせた? と「実は怖い日本昔話」のようで...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■硬い内容でしたが、 「日本の自殺者は減っていて、  日本はどんどんよくなっている」 と主張する一冊です。 ちょっと詳しい人は、 「えー、自殺者は3万人を超えているんじゃないの?」 と思うはず。 しかし、人口構造を補正した標準化した自殺率は、 ほぼ変わらないか減少してきているのです。・80年代に比べて現在...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■市場経済においては、 経済合理性が最優先される傾向にあります。 しかし、そうした市場経済の中でも、 人間がかかわることで、 合理的でない結果がでる場合があります。 そうした人間の感情と錯覚について 実例を示しながら研究する一冊です。・品質も価格も上級クラスの三番目のモデルが現れると、 大方の人が真ん中のモ...

続きを読む
【私の評価】★★★★★(90点)■10棟94室の不動産を持つ元サラリーマン大家さんです。 年間キャッシュフローが1800万円ですから、 一室あたり2万円くらいですね。 こうした不動産をコツコツと自分の ものにしていったコツを伺います。・だからこそ、競売不動産です。狙いを地方の 木造戸建住宅に絞ってください。運が良ければ 100万円以下で土地...

続きを読む
1 2 3

>月別(2002年7月~)