本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「お金は歴史で儲けなさい」加谷珪一

(2015年1月30日)|

お金は「歴史」で儲けなさい

【私の評価】★★★★★(90点)


■日経BP記者、投資ファンド運営会社を経て、
 お金についてコンサルティングしている
 加谷さんの一冊。


 お金持ちは、歴史を学ぶことで
 人間の性(サガ)を学んでいるらしい。


 人間の性が変わらないとすれば、
 経済も同じような動きをすると考えられるのです。


・世界恐慌(1929年)をリーマンショック(2008年)に、
 関東大震災(1923年)を東日本大震災(2011年)に、
 国債の直接引き受け異次元の量的緩和策に置き換えれば、
 まさに今の日本そのものです(p34)


■この本では、過去の株価、物価や
 マネーストックの推移を見ながら、
 その特性を分析していきます。


 面白いところでは、
 国債バブルが崩壊したら
 どうなるかというところでしょう。


 国債に投資されていたお金は
 どこに行くのか。


 それは株式なのか、
 それとも不動産なのか。


 お金の動きが変わることで、
 次のバブルが始まるということです。


・バブルが崩壊する水準というのは、
 ほぼ一致しているのです。
 総融資残高がGDPの1.5倍から1.6倍に
 なってくると危ない
わけです(p119)


■お金が国際的に動く時代に
 私たちは生きています。


 戦争、インフレ、大災害、
 経済統制・・・。


 どのような事態にも
 「そんなはずではなかった」
 とは言わないようにしたいものです。


 加谷さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・アベノミクスの結末を歴史から予測する・・・
 量的緩和策によって景気は何とか持ち直すものの、
 インフレによって生活が苦しくなることが
 予想されます(p36)


・経済成長を決定する基本要素は・・・
 ひとつは労働、もうひとつは資本、
 最後がイノベーション(技術革新)です・・
 人口が増加する米国は、黙っていても
 一定の経済成長を見込むことができます(p59)


・ある程度の基礎体力があり、グローバルに展開している、
 あるいは需要が減らない商品を扱っている企業の株を買えば、
 スタグフレーションから資産を防衛することは可能(p71)


・堤氏は、戦後、臣籍降下に伴い経済的に困窮していた
 旧皇族をターゲットに、長期分割払いでの土地売却を
 持ちかけたのです。インフレで土地の値段は跳ね上がる
 ものの、支払いは分割払いなので、全額を支払い終わる
 頃には、実質的な返済額はゼロ円(p78)


・政府による管理が絶対条件でなことを考えると、
 ビットコインが通過として普及しても何ら不思議はない・・
 ビットコインが金本位制に近い存在なのだとすると、
 ビットコインは今後、金と同じような値動きをする 
 可能性があります(p178)


・不動産関連に投資をする場合には、
 デベロッパーの株を買うという方法と、
 REIT(不動産投資信託)を活用して、
 ダイレクトに物件に対して資金を投じるという
 二つの方法があります(p241)


お金は「歴史」で儲けなさい
お金は「歴史」で儲けなさい
posted with Amazonアソシエイト at 15.01.29
加谷珪一
朝日新聞出版 (2015-01-20)
売り上げランキング: 860

【私の評価】★★★★★(90点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 100年単位で株価はこう動く
第2章 インフレ時代を前に知っておくべきこと
第3章 戦争と株価の不都合な真実
第4章 バブルは利用するもの
第5章 イノベーションで儲ける鉄則
第6章 金と石油、そして通貨をめぐる攻防
第7章 長期投資は安全に儲かるのか
第8章 未来を見据えた投資戦略


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: