本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「お金で絶対に苦労しない方法を教えてください」加谷珪一

2020/12/08公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(80点)


要約と感想レビュー

■著者は日経BPの記者からスタートし、
 投資ファンド運用会社に転職した後、
 経済評論家として独立しています。


 お金について書籍を出版しながら
 コツコツ投資した結果、
 資産は数億円になっているという。


 では、お金に苦労している人と
 お金に苦労していない人の差は
 どこにあるのでしょうか。


 それは収入とお金の使い方と
 残ったお金の運用だという。


・老後にお金がなくなる人のよくあるパターンは、給料が上がるにしたがって支出を増やしてきた人なんですよ(p71)


■まず、収入を最大化する。
 著者は日経BP記者時代に
 雑誌の記事を書いくアルバイトを
 していたという。


 次にムダな支出を減らす。
 本当に必要なものしか買わない。
 自分へのご褒美なんてもってのほか。


 ただし、自分へご褒美をあげるなら
 自分の興味のある分野の本を
 すべて購入して読んでみる。


 お金に困らない人は浪費はしません。
 お金を使うのなら将来の収入に
 直結する投資をするのです。


・「ご褒美」として、もう書店の棚1つ分、全部「大人買い」してしまうんです・・・全部読む。すると、相当たしかな知識が一気に身につくんです(p89)


■投資をするにしても
 事前に成功している人の話を聞いたり、
 書籍で勉強したり、小さく実験したり
 事前の調査をしているようです。


 収入を増やして、支出をへらす。
 そして残ったお金を確実に
 増やしていく。


 当たり前のことですが、
 当たり前のことをできない人が
 ほとんどなのでしょう。


 加谷さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・ムダな支出が多い家庭の特徴を一つ教えましょうか・・・「結婚してお金がなくて大変!」という家には、決まってウォーターサーバーがある(p119)


・お金の使い方がうまい人は、「欲しい」と思ったものに散財してしまうのではなく、本当に「必要」なものだけを買います。ムダな出費をしないため、必要なときに必要なお金がちゃんと手元に残っているんですね(p29)


・自分にはどんな選択肢があるのか、紙に書き出したらどうですか?今の自分に何ができるのか、もしくはしたいのか。あるいは5年後ならどうなのか(p20)


・セミナー講師ではなく、実際に成功した人の話を聞く・・・ビジネスや投資は「勉強」したところっで絶対にうまくなりません・・・まずはうまくいっている人の話を聞いて、自分で体験してみることが何より先決です(p108)


・仮に儲けが少ないとしても、副業を通して本業とは違う経験を積めるのは大きなメリットです・・・私の場合、20代で記者をしていた頃に、ほかの雑誌にペンネームでばんばん記事を書いて、かなり稼いでいた時期がありました(p244)


・変動金利には手を出してはいけません・・・もし金利が上がれば、返済額がアップしてしまいます・・・値段のわからない買い物をしてはいけない(p181)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

加谷珪一、プレジデント社


【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1講 私たちが抱える「不安の正体」編
第2講 「貯め方」編
第3講 「お金の使い方」編
第4講 「家族のお金」編
第5講 「住まい選び」編
第6講 「増やし方」編
第7講 「稼ぎ方」編
第8講 「お金から自由になる」編


著者紹介

 加谷 珪一(かや・けいいち)・・・経済評論家。仙台市生まれ。1993年東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務などを担当したのち独立。本業の傍ら、20年以上にわたってコツコツと株式投資を続け、現在の資産規模は数億円になっている。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: