本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】 植物vs.ヒトの全人類史」夏井 睦

本のソムリエ 2019/07/02メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】 植物vs.ヒトの全人類史 (光文社新書)


【私の評価】★★★★★(90点)


要約と感想レビュー

 ライザップの食事が糖質制限ということで、手にした一冊です。肥満や糖尿病の治療では、カロリー制限が一般的ですが、夏井医師は炭水化物(糖質)が諸悪の根源と仮説を立てています。ヒトは炭水化物(糖質)を摂取することで低身長化・短命化したという仮説です。この夏井医師の仮説は、ヒトは炭水化物(糖質)に適応していないということです。その状況証拠は次の3つです。


 コメを多食する村が短命というデータがあること。ヒトには血糖値を下げるホルモンがインスリンのみで少ないこと。糖質が虫歯の原因であり、歯が一度しか生え変わらないヒトにとって糖質は危険物質であること。1万年前に定住して麦やコメを作り食べ始めたヒトは、いまだに炭水化物に適応していないというのです。


・『日本の長寿村・短命村』(近藤正二)・・コメを多食する村は短命であり、長寿村はない。野菜や海藻を多食する村はすべて長寿村(p92)


 ヒトが定住し、コメを作り、炭水化物を食べはじめてヒトの人口は増えましたが、肥満の人も増えました。夏井医師は、糖質制限をすることで農耕を始める前のヒトの食生活に戻ることで健康になるとしています。糖質制限と運動が狩猟民族の血を目覚めさせるのかもしれません。


 夏井さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・炭水化物(穀物デンプン)は加熱により「食べられないもの→食べ物」に変化したが、デンプンは食物としては質が悪く、加熱デンプンを食べ始めてからヒトが低身長化・短命化した・・(p218)


・糖質制限で体調が悪くなったという人はほとんどいない(p17)


・糖質を摂取して血糖値が上昇すると、脳の一部が反応してドーパミンが分泌され、側坐核(報酬中枢)を刺激して快感を感じる。これはコカインに対する脳の反応と同じであり、ヒトの脳は、コカイン依存症に陥るように、糖質によって糖質依存の状態に陥ってしまう(p136)


・血糖を下げるホルモンは一つしかなく、高血糖という危機的状況に対する備えがお粗末なのはなぜか・・・自然界では血糖値が下がることはあっても、血糖が上昇することは本来ありえない状況だからだ(p67)


・血糖の急激な上昇は、全身の血管で炎症反応を起こす極めて危険な状態であるが、血糖を下げる手段は、今も昔もインスリン1種類しかない。1万年間の穀物食にもかかわらず、インスリン以外の血糖降下ホルモンが分泌できるようになったわけではないし、インスリンが血糖を速やかに下げるように変化したわけでもない(p192)


・糖質制限をすると、真夏日でも汗をあまりかかない。また、汗も臭わない・・・糖質を摂取すると、酸っぱい臭いの汗を大量にかく(p226)


・齲歯(うし=虫歯)や歯周病の原因はショ糖と加熱デンプンである。ちなみに、タンパク質と脂質では、ミュータンス菌は歯垢を作ることも乳酸を発生させることもできないため、タンパク質と脂質は歯周病は齲歯の原因にはならない・・(p259)


・一度しか歯が生えない哺乳類にとって、「歯牙脱落原因物質」である糖質(ショ糖、麦芽糖、ブドウ糖、加熱デンプン)は、絶対に口にしてはいけない物質なのである・・・糖質はヒト本来の食物ではないことは明らかだ(p260)


・メイプルシロップはサトウカエデの樹液を濃縮したものだが、樹液に含まれるショ糖は3%前後であり、1Lの樹液中で30gとなる。つまり、洗面器一杯(3L前後)の樹液を一気飲みでもしない限り、血糖は上がらないのである(p70)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png

人気ブログランキングへ


炭水化物が人類を滅ぼす【最終解答編】 植物vs.ヒトの全人類史 (光文社新書)
夏井 睦
光文社 (2017-10-17)
売り上げランキング: 98,687


【私の評価】★★★★★(90点)


目次

1 糖質制限について
2 糖質制限に関するアンケート
3 前作での未解決問題に決着をつけよう
4 ドーパミンから全生命史・全人類史を読み直してみる
5 糖質セイゲニスト、先史時代のヒトに迫ってみる
6 植物に操られるヒト
7 穀物摂取によるヒトの体の変化



著者紹介

 夏井睦(なつい まこと)・・・1957年秋田県生まれ。「なついキズとやけどのクリニック」院長。東北大学医学部卒業。東北大学医学部附属病院を経て、相澤病院、石岡第一病院、練馬光が丘病院で「傷の治療センター」長。2001年、消毒とガーゼによる治療撲滅をかかげ、インターネットサイト「新しい創傷治療」を開設


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,


コメントする


同じカテゴリーの書籍: