「挑戦女子」岡本 浩実

| コメント(0) |

挑戦女子

【私の評価】★★★★☆(82点)


■世の中には
 何でもやってみる人と、
 何もやらない人がいます。


 もちろん失敗しないのは
 何もやらない人。


 著者は典型的なやってみる人です。
 そのためか、年下男性と結婚して
 子どもが生後6ヶ月のときに離婚。


 子どもをベビーシッターに預けて
 メイクアップの仕事を再開。
 やりたいことをやりはじめたのです。


・挑戦女子は、やりたいことを
 全部やる女性のことです(p5)


■とにかく、ピンときたら
 やってみる、というだけあって
 やってみたことがすごい。


 スキューバダイビングは、3年で600回潜水。
 免許を取るまえに大型バイクを購入。
 砂漠でラクダに乗りたくてアブダビへ。
 ペットショップでアライグマを衝動買い。
 素人なのにゴルフのドラコン大会参加。


 お金を貯めてから・・・
 資格を取ってから・・・
 できるだろうか・・・
 と考える前に行動している。


 著者もやるかどうか悩み、
 躊躇することもあるようですが、
 それでもやってみたほうが
 やらないで後悔するより良い
 ということを知っているのです。


・知り合いの社長の言葉にハッとさせられました。
 「人というのは、やったことの後悔じゃなくて、
 やらなかったことの後悔のほうが強いんだよ。
 やらなかったこと。それは、人間が死ぬときに
 一番後悔することなんだよ」(p38)


■何でもやってみる著者は、
 とにかく明るいですね。


 やってみて合わなければ
 続けなければいい。


 お金がなければ
 稼げばいい。
 読んで元気になる一冊でした。


 岡本さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「挑戦女子」とは、広い意味でいうと
 「自分の人生に真剣になる」ことだと
 思います(p91)


・「感動させよう」「励まそう」と思いながら、
 何かに挑戦しているわけではありません・・
 それでも、自分の好きなことに
 本気で挑戦すれば「人に感動を与えられる」
 ということを知りました(p83)


・やりたいことは・・人に話してみる・・
 人に話をすることで、
 やりたいことが頭の中で整理され、
 行動しやすくなる(p22)


・「100点を目指して本気で頑張ってみる」
 ということが、人生を楽しくする
 秘訣だと思います(p35)


・自分のほしいものを伝えなければ、
 手に入らないのは当たり前のこと・・
 自分の気持ちをありのままに表現するのを
 怖がらないでください。自分らしさを
 開放すると、驚くほど自然に必要な
 ものが手に入ります(p70)


・やり続けていると、必ず道は開けます。
 これまでの経験から、結果が表れる
 目安は「3年」でした(p80)


・その日は大勢の同級生が集まりました・・
 それぞれに人生があり、悩みを抱え、
 私と同じようにみんな
 頑張っていたんです(p44)


・人は環境で作られる・・・
 引っ越しをして家の環境を変えたり、
 会社員なら転職をして会社の環境を変えること。
 習い事に通っているのなら新しい教室に
 行くのもいいと思います(p31)


・姿勢が悪くなって印象がよどんでいないか・・・
 ピンと伸びた姿勢は、後ろ姿でさえ、
 ステキなオーラが漂っています(p116)


・お金に恵まれている人に共通しているのは、
 「人に貢献した結果」お金が
 入ってきていることです。
 好きなことを通してどうすれば
 人に貢献できるか、それを一番に
 考えているのです(p109)


・体の老化を防ぐ「筋トレ」・・・
 難しいことやキツイことをするのではなく、
 自分にできる範囲から少しずつ筋トレを
 取り入れるだけでいいのです(p205)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


挑戦女子
挑戦女子
posted with amazlet at 19.07.02
岡本 浩実
合同フォレスト
売り上げランキング: 19,855

【私の評価】★★★★☆(82点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

第1章 常識の枠を打ち破る「挑戦女子」という生き方
第2章 あなたの可能性を100パーセント広げる行動のルール
第3章 「挑戦女子」に生まれ変わる8つのレッスン
第4章 リミッターを外して愛も仕事もお金も手に入れる
第5章 キレイを捨てるとキレイになれる



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)