本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「食べることと出すこと」頭木弘樹

2020/12/03本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(95点)


内容と感想

 潰瘍性大腸炎になった著者のエッセーということで、安倍元首相の病気を学べるなぁと思い、手にした一冊です。


 潰瘍性大腸炎は発症すると、下痢と下血が続き、投薬しながら症状が収まるまで食事制限することになります。仮に、症状が収まっても刺激のあるものを食べればすぐに再発する可能性がある。そうした恐怖の中で食材を気にしながらの生活が延々と続くのです。


・私は13年間、ずっと「豆腐と半熟卵とササミの日々」だった(p76)


 下痢が続くという特殊な病気ゆえに病院でもらしてしまった。看護婦さんにお湯と布巾をお願いしたら、バケツと雑巾を渡された。
 断食治療中には、何か食べたくて口でもぐもぐして、その後、口から出してしまうことも試したが、頭がカッカッと混乱してしまう。
 友人と食事に出かければ、食べられない食材なので食べないと、わかっているはずなのに、「ちょっと食べてみたら・・」と親切心なのか圧をかけてくる。
 そうした潰瘍性大腸炎という難病となった著者の心の動きが秀逸なのです。


・看護婦さんがいかに下の世話で大変か、かいま見るだけでもかなり驚き、こんな仕事を引き受けてくれるとは、本当に天使としか思えないと感嘆したものだ(p144)


 潰瘍性大腸炎の根本的な治療法は確立されていませんが、手術で症状を大きく改善したり、効果的な薬があるのだという。ただし、良い薬は免疫を弱めるので、潰瘍性大腸炎を治そうと薬の量を増やすと免疫が弱くなって他の病気になってしまう。安倍首相もこうした難病の不安と付き合いながら政治判断をしてきたのだな、と想像していました。


 気楽に手にしたのですが、著者の病気と心の描写に圧倒されました。★5とします。頭木さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・潰瘍性大腸炎の患者数は20万人・・・欧米ではもっと多く、日本の十倍程度の発症率らしい(p25)


・なぜ、「漏らすこと」だけが、そこまで人に心理的ダメージを与えるのか・・・恥をかくと、服従しやすくなる(p149)


・難病を発症する前、私は急に精神状態がおかしくなっていた・・・なんだか心がすさんで、誰かとケンカをしたくてしかたがなかった・・・病後は身体が弱くなったために、身体の心の影響を強く感じるようになった。なんだか腹を立てやすかったり、悲しかったり・・・(p264)


・努力は万能ではない・・・治らない病気になると、努力ということへの考え方も変化する(p289)


・食事に介助が必要な人の場合も、おいしそうに食べる人がよしとされるところがあり、それが圧力となっていた。そのため、無理しておいしそうに食べている人がけっこういた(p115)


・ひきこもっていた期間が長くなればなるほど、外に出るということは、とても困難になる。その困難は、当人にとっても不可解なものだ(p174)


・私が世間話として軽く「手術のとき痛くて・・」という話をすると、驚いたことに、そのおじさんが、急にぽろぽろと涙をこぼし始めた。そのおじさんは、アルコール依存症でもあり、そのせいで麻酔がうまく効かなくて、やはりかなり痛かったらしい(p234)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

頭木弘樹、医学書院


【私の評価】★★★★★(95点)



目次

はじめに 「食べて出す」ことが、あたりまえでなくなったら?
第1章 まず何が起きたのか?
第2章 食べないとどうなるのか?
第3章 食べることは受け入れること
第4章 食コミュニケーション――共食圧力
第5章 出すこと
第6章 ひきこもること
第7章 病気はブラック企業
第8章 孤独がもれなくついてくる
第9章 ブラックボックスだから(心の問題にされる)
第10章 めったにないことが起きる/治らないことの意味
あとがき 白石さんとホワイトボード


著者紹介

 頭木弘樹(かしらぎ・ひろき)・・・文学紹介者。筑波大学卒業。大学3年の20歳のときに潰瘍性大腸炎を患い、13年間の闘病生活を送る。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: