本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「お金の減らし方」森 博嗣

(2020年6月19日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(93点)


内容と感想

■著者は37歳のとき、
 某国立大学の助教授でありながら、
 「すべてがFになる」「スカイ・クロラ」
 シリーズなどの推理小説を発表。
 出版数は累計1300万部にもなるという。


 小説を書き始めたのは、
 趣味のミニSLをもっと広いところで
 走らせたいと思ったから。


 趣味をやりたいから、
 小説でも書いて金を稼ぐか・・・。
 バイト気分で小説を書いていたという。


・僕は自分の持っているお金でできることしか考えない・・・例外は二回だけである・・・一回めは、大学生の頃に、友達と漫画の同人誌を作ることになり、その印刷代を各自が持ち寄ることに決まった・・・それまでに集めた漫画の本を全部売った・・・もう一回は、37歳のときに、線路をもう少し長く敷きたいと考えて、バイトで小説を書いたときだ。これは、結果的に20億円にもなった(p75)


■面白いのは、
 著者のお金への考え方でしょう。


 まず、最初に自分のやりたいことを
 最優先とする。


 しかし、お金には限りがあるから、
 収入の1割を好きなことに使う。


 もし収入の1割が
 自分のやりたいことに足りなければ
 稼ぎを増やせばいい。


 お金があるから使うのではなく,
 やりたいから必要なお金を稼ぐ。
 とてもシンプルなのです。


・どんなに貧乏なときでも、僕は収入の一割を、自分の趣味のために使った。同様に、奥様にも「一割を遊ぶために使いなさい」と言った。そして、残りの8割で生活を維持していこう、という大まかな方針だった(p19)


■著者が理解できないのは、
 身の丈以上の生活をして
 貯金のない人、または
 借金してしまう人です。


 本当に好きではないことにまで
 お金をかけていたら
 お金がいくらあっても足りないのです。


 宝くじが当たったから
 お金を使ってしまうという人は
 自分のやりたいことを理解していない人
 なのかもしれません。


 森さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


この本で私が共感したところ

・考えるべきことは、自分は何をしたいのか、である(p106)


・お金を、自分が欲しいもの、やりたいことと交換しなければ、価値は生まれない・・・これを勘違いしていると、貯金が沢山あれば嬉しい、高給であれば偉い、高価なものを持っていれば立派だ、という間違った価値観に支配される(p49)


・お金があるから、なにか買いたい、といのは本末転倒の極みなのである(p82)


・お金を使わないと好きなことができない人は、一所懸命働いて、お金を稼ぐしかない。また、お金などいらない、質素な生活でも自分は楽しめるという人は、のんびり気ままに生きれば良いだろう(p62)


・自分の家庭でも、防衛費10%を厳守することにしたのだ。これには、自分の趣味を守る、自分の嗜好の権利を守る、というような意味合いがあった(p64)


・「世間体」・・・他者から見られることを前提としたもの・・そういうものに支配されているから・・・必要なものはしかたがないじゃないか、という理屈を無意識のうちに構築しているのだ。結果として、分不相応なものに手を出して、将来に借金を残すことになり、大損をしてしまうのである(p121)


・書店に行けば、お金を増やす方法、と謳った本が沢山並んでいるはずだ・・・講演会や講習会などが開かれ・・・お金を増やし続けることに忙しい人が、どうして他者に自分の方法を教えるのだろうか(しかも有料で)(p133)


・お金を増やす方法の中で、一番確率的に有利なのは仕事をすることだ・・・そして、時間があったら、自分自身の価値を上げることに時間を使うこと・・・仕事が順調であっても、常に未来のことを考えて、事前に策を講じておくこと。いつも悲観的に考え、次の手を秘めておくことが大事だと思う(p171)


・「お金がないからできない」というのが、いかに「言い訳がましい」台詞であるか理解できたと思う・・・これを聞いた人は、「あ、やりたくないんだ」と思えば良い(p184)


・やりたい人は、もうやっているはずなのである。現在やっていない大人は、ほぼやりたくない人だということになる。大人は、誰にも支配されない自由人のはずだからだ(p186)


・お金持ちは、たいてい正直で謙虚である。つまり、威張る必要がないから、腰も低いし、人に良く見られたいという欲求もないから、見栄や嘘の必要がない。本当に偉い人は、偉そうなことは言わない(p194)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

森 博嗣、SBクリエイティブ


【私の評価】★★★★★(93点)



[楽天ブックスで購入する]


目次

第1章 お金とは何か?
第2章 お金を何に使うのか?
第3章 お金を増やす方法
第4章 お金がないからできない?
第5章 欲しいものを買うために
第6章 欲しいものを知るために


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: