本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ゼロからはじめる力 空想を現実化する僕らの方法」堀江 貴文

(2020年6月22日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(74点)


■ホリエモンは、ロケットベンチャーの
 インターステラテクノロジズに
 出資しています。


 なぜ、宇宙ロケットに出資するのか。


 それは100年前には、
 自動車が新産業だったように
 今は宇宙が新産業だからです。


 自動車産業は電気自動車への移行で
 エンジン技術が不要となり
 多量の技術者が不要となります。


 宇宙ロケットは
 まだまだ改良・発展の余地が
 大きいのです。


・スペースX社、小型ロケットのロケット・ラボ社(米)、ソフトバンクが出資する衛星事業のワンウェブ社(米)など、すでにユニコーン企業(設立が10年以内で、評価額10億ドル以上の非上場のベンチャー企業)となっているところもある(p16)


■日本ではJAXAが年500億円規模で
 宇宙ロケット開発が行われていますが、
 アメリカでは数千億円規模で民間の
 宇宙ロケット開発が行われています。


 ホリエモンが言いたいのは、
 日本でも民間を活用して
 宇宙ロケットを開発すれば
 安価に早く開発が進むということでしょう。


 アメリカには宇宙軍がありますし、
 日本でも自衛隊に宇宙作戦隊が
 できましたので、民間の協力できる
 ところがあるのではないでしょうか。


・アマゾンのジェフ・ベゾスがやっているブルー・オリジン・・・年間1000億円以上かけてロケットを開発していますが、日本のH3ロケットは、ここ数年の開発時で、ざっと年間500億円ぐらいと言われています(p196)


■ホリエモンはあいかわらず、
 目の付け所が鋭いと思いました。
 そして実際に行動している。


 ライブドアを作ったホリエモンには、
 未来を見る目とゼロからはじめる
 行動力があるということです。


 堀江さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・政府主導で開発されたロケットでは、現状で1回の打ち上げにかかる値段は50億~100億円といったところだ(p30)


・ロケットの部品は秋葉原や通販で調達!自分達で作るから安く飛ばせる・・3号機までの打ち上げを含め、約10億円で開発した・・そして1回の打ち上げ価格として5000万円を提示している。これも結構な低価格だ。現状だと、このクラスのサウンディングロケットは1回の打ち上げに数億円はかかるものだ(p115)


・本当の失敗は、失敗したことで何も得られなかった、という状況だ(p83)


・スペースX・・2008年にはCOTSで19億ドル、2011年にはCCDEVの第二ラウンドで7500万ドル、2012年にはCCDEV第3ラウンドの「CCiCap」で4億4000万ドル、同年12月には990万ドルが追加。2014年9月に、「ドラゴン2/ファルコン9によるISSへの宇宙飛行士輸送」は正式の発注となって、スペースXは26億ドルでNASAと契約を結んだ。なんだかんだでスペースX社は50億ドル(約5500億円)を超える資金をNASAから受け取り・・(p176)


・今のロケットは多段式ロケットだ・・・飛行経路の下がずっと海であるというのが一番いい。多くの打ち上げは東側か、南か北の打ち上げだ・・地球上で最も広い海である太平洋に面して、東も南も開けている日本は、いかに恵まれているかがわかるだろう(p49)


・電気自動車がもたらすのは「雇用の喪失」・・エンジンやエンジン周辺の部品を作っている自動車メーカーに納入している企業は・・今のままでは生き残ることができない(p157)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

堀江 貴文、SBクリエイティブ


【私の評価】★★★☆☆(74点)



[楽天ブックスで購入する]


■目次

序章 なぜ、僕は宇宙に行くのか
第1章 これから「宇宙ビジネス」がなぜ必要か
第2章 新しい挑戦をするために必要なこと
第3章 これからの宇宙論 堀江VS稲川貴大(インターステラテクノロジズ社長)対談
第4章 これからの挑戦について


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: