「楽しみながら1分で脳を鍛える速音読」齋藤孝

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しみながら1分で脳を鍛える速音読

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■速く音読をしよう!
 という一冊です。


 私の場合、声に出して読もうにも、
 口が回らないくらい速く読むので
 物理的に無理です。


 口に出して読むことで、
 適度な速度になり、
 いろいろ考えながら
 読むことができるのですね。


・実際は
 「頭で考え、目で見て、口で話し、耳で聞く」
 という複雑なことを
 高速で処理しているのです(p133)


■ちょうど1分で読める分量を
 小説から抜き出しています。


 この本を買うより、
 実際の本を買って
 読んでくださいね。


 齋藤さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ただの音読ではなくて、
 速読で音読をしましょうという
 提唱をしています(p129)


・速く読んだほうが脳の働きは
 明らかによくなります(p130)


・声に出すことによって
 細かなところまで
 覚えることができるのです(p131)


楽しみながら1分で脳を鍛える速音読
齋藤孝
致知出版社 (2017-01-26)
売り上げランキング: 1,536

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■目次

【収録作品全リスト】

【1】 「坊っちゃん」1 夏目漱石
【2】 「坊っちゃん」2
【3】 「坊っちゃん」3
【4】 「坊っちゃん」4
【5】 「坊っちゃん」5
【6】 「学問のすすめ」 福沢諭吉
【7】 「鼻」 芥川龍之介
【8】 「銀河鉄道の夜」 宮沢賢治
【9】 「走れメロス」 太宰治
【10】「ツァラトゥストラ」1 ニーチェ
【11】「ツァラトゥストラ」2
【12】「寿限無」
【13】「罪と罰」 ドストエフスキー
【14】「草枕」 夏目漱石
【15】「般若心経」
【16】「夜明け前」 島崎藤村
【17】「ファウスト」 ゲーテ
【18】「カラマーゾフの兄弟」1 ドストエフスキー
【19】「カラマーゾフの兄弟」2
【20】「うゐろう売り」
【21】「人間失格」 太宰 治
【22】「羅生門」1 芥川龍之介
【23】「羅生門」2 芥川龍之介
【24】「それから」 夏目漱石
【25】「よだかの星」 宮沢賢治
【26】「風と光と二十の私と」 坂口安吾
【27】「駈込み訴え」 太宰治
【28】「ロミオとヂュリエット」 シェイクスピア
【29】「山月記」1 中島敦
【30】「山月記」2
【31】「山月記」3
【32】「永訣の朝」1 宮沢賢治
【33】「永訣の朝」2 宮沢賢治
【34】「告別」 宮沢賢治
【35】「檸檬」1 梶井基次郎
【36】「檸檬」2
【37】「こころ」1 夏目漱石
【38】「こころ」2
【39】「こころ」3
【40】「こころ」4
【41】「ハムレット」 シェイクスピア
【42】「名人伝」 中島敦
【43】「福翁自伝」 福沢諭吉
【44】「平家物語」1
【45】「平家物語」2
【46】「平家物語」3
【47】「氷川清話」 勝海舟
【48】「五重塔」 幸田露伴
【49】「舞姫」 森鴎外
【50】「徒然草」 兼好
【51】「源氏物語」 紫式部
【52】「枕草子」 清少納言
【53】「たけくらべ」 樋口一葉
【54】「古事記」1
【55】「古事記」2


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む