「学問のすゝめ―人は、学び続けなければならない」福沢 諭吉

|

学問のすゝめ―人は、学び続けなければならない

【私の評価】★★☆☆☆(63点)


■今頃、「学問のすすめ」を読むのも気が引けましたが、
 実際に読んでみると明治の本とは思えぬ、
 本質を見定めた本だと思いました。


 まず、「天は人の上に人を造らず」です。


 福沢諭吉が言いたいのは、
 人間は生まれながらにして平等という意味は、
 あくまで、基本的人権についての平等である。


 実際の社会においては、
 社会に役立つ人の給料は高く、
 だれでもできる仕事をしている人の給料は安い、
 というのが当然である、ということです。


・万人はみな同じ地位・資格を持ち、
 生まれながら平等である・・・賢人と愚人の違いは、
 学ぶか学ばないかによって決まる
のである。(p13)


■また、国家、個人の独立です。


 福沢諭吉は、国家も個人も独立したもので
 なくてはならないとしています。


 つまり、他国、他人に頼らない、
 自分の足で立つことができなければ、
 発展することはない、ということです。


・独立とは、自分で自分の身の始末をつけ、
 他人を頼る心がないことを言う。他人の考えに
 影響されず、自分で物事の理非を見分け、自分の行動に
 間違いを起こさぬ者を、独立人と言う。(p38)


■現代でも通用する、独立の精神、
 良いものから学ぶ気持ちの大切さを
 伝える良書だと思いました。


 当時としては画期的な本だったのでしょう。
 本の評価としては★2としました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・一国は商社と同じであり、人民は
 その社中(会社の仲間)の一員と同じであって、
 一人で、支配する立場・仕える立場の、
 主客両様の役割を務めることなのである(p84)


・学問は、ただ本を読むだけで、
 こと足りるものではない。
 学問の本質は、学問を
 自分がどう活用できるかにかかっている
。(p142)


・西欧諸国の経済侵略は、
 いまアジアに敵なしの観がある。
 恐るべきことである。
 この西洋商人の強大さには注目すべきだが、
 同時に、西洋の文明にもまた
 学ばねばならぬものがある。(p151)


▼引用は、この本からです。

学問のすゝめ―人は、学び続けなければならない
福沢 諭吉
三笠書房
売り上げランキング: 26262
おすすめ度の平均: 5.0
4 勉強すべき
5 ほとばしる強烈な情熱。そして、現代語訳というのは助かります
5 岩波文庫は無理でした・・・。
5 いつも笑顔でいたい
4 言わずと知れた

【私の評価】★★☆☆☆(63点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)