本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「金子と裕而 歌に生き 愛に生き」五十嵐佳子

(2020年7月 8日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★☆☆☆(69点)


■NHKの連続テレビ小説「エール」を見て
 手にした一冊です。


 主人公の古関裕而が国際作曲コンクールで
 入賞した記事を見て、金子が手紙を書いて
 二人の交際がはじまったという。


 当時昭和初期は、見合い結婚が常識で、
 男女が付き合うことが不純異性交流と
 言われた時代です。


 そうした時代に、音楽を仕事として
 生きていく人と結婚するという決断には
 大きなものがあったと思われます。


・「音楽の生きているの。それがすべてなの」「非常識過ぎて、あきれるわ」「それ以上、言わないで。お母さん、私はそういう裕而さんが好きなんだから(p105)


■時代は違うものの昭和初期には
 関東大震災、スペイン風邪、世界大恐慌、
 他国との戦争と現代社会と同じような
 ことが起きています。


 80年で歴史は繰り返すといわれますので、
 昭和15(1940)年がちょうど80年前。
 第二次世界大戦がはじまります。


 戦争中には裕而は三度も出征しており、
 召集令状はどのような基準で
 発出されていたのでしょうか。


 出征の経験を作曲に生かしたという
 見方もあると思いますが、
 運が悪ければ、昭和の名曲が
 生まれなかった可能性もあるのです。


・「慰問団に、楽団の指導者として行ってくれと、日本放送協会から頼まれた」ある日、家に戻ってきた裕而が金子に言った・・中支に従軍したばかりなのに、裕而がまた戦争のまっただ中に行く(p218)


■それにしても、「紺碧の空」
 「六甲おろし」「若鷲の歌」、
 全国高等学校野球選手権大会の
 「栄冠は君に輝く」など
 有名な曲が多いですね。


 戦前の堅苦しい時代に、
 音楽に人生をかけた男と
 恋愛結婚した歌姫という
 よいお話でした。


 当時としては画期的なこと
 だったのだと再認識しました。


 五十嵐さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・夢の中で、金子は16歳だった・・・兄は大連支社に派遣され・・明治38年に日露戦争に勝利した日本は、遼東半島の先端に位置するこの大連の租借地をロシアから譲り受けた。それから23年、大連は様々な国の人たちが入り交じる大都市となっていた(p5)


・誰と一緒になるかで、女の人生は変わってしまうんだよ。安定した仕事を持つ人と結婚するのが幸せなの。見合いがいちばん。馬には乗ってみよ。人には添うてみよ、っていうでしょ。恋愛なんて不良のすることだ。ふしだらだよ(p18)


・流感から肺炎になると、大変だって・・・スペイン風邪は大正7年から9年にかけて流行した致死率の高い流感で、日本全国で40万人を超す死者を出した・・・ペニシリンが実用化される前のこの時代、肺炎は死に直結する病だった(p56)


・作曲家としてコロムビアレコード専属になっていただけないか・・・月々300円でいかがでしょうか・・・高級取りの義兄の月給が120円、巡査の初任給が45円という時代である(p123)


・早慶戦の三日前に、やっと『紺碧の空』は完成した(p132)


・山下公園は昭和5(1930)年3月に開園したばかりだ。関東大震災で壊れた横浜市内の瓦礫などを4年がかりで埋立て、覆土して造成された(p150)


・この年(昭和6年)の9月18日、満州事変が起きる。中国の遼東半島に駐留していた関東軍が主導となり、満州国を建国した(p140)


・外国人によって別荘地として見いだされた軽井沢には、今も多くの国の人が滞在し、近くには西洋料理のレストランも並んでいる。男たちはゴルフやテニスに興じ、林の中を歩けば馬の駆ける足音が聞こえ、昼下がり、万平ホテルや三笠ホテルの喫茶店には有産階級のマダムたちが集まっている(p201)


・僕が、僕が東京オリンピックの行進曲を書くことになったよ(p317)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

五十嵐佳子、朝日新聞出版


【私の評価】★★☆☆☆(69点)


[楽天ブックスで購入する]



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: