人生を変えるほど感動する本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

奈良判定とは何だったのか「男 山根 「無冠の帝王」半生記」山根 明

2021/05/22公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「男 山根 「無冠の帝王」半生記」山根 明


【私の評価】★★☆☆☆(60点)


要約と感想レビュー

 ボクシングの奈良判定で有名になった山根会長の一冊です。奈良判定とは元日本ボクシング連盟会長の山根明氏が、関係者や審判に恫喝するなど圧力を加えることで、山根氏の出身である奈良県の選手に対して有利な判定が下されていたというものです。


 奈良判定について山根氏は、この程度で問題あるんですか、というスタンスです。外国ではマフィアが会長をやっていて、もっとひどい国もあるという話が出てきます。それに比べれば、たいしたことないんじゃないのという考え方のようです。


 なぜ、そうした考え方になるのか、韓国の血のためなのか、個人的な特性なのか、ヤクザに知り合いがいるからなのか、私にはわかりません。


・最後の最後、競い合っていたならば、自分が育ててきた子を勝たせたいと思うのは当然のことだろう。私のその気持ちが強く、結果的に汲み取らせてしまった部分があるのであれば、反省すべき点があるかもしれない。だが、それは本当に責められるようなことなのだろうか(p225)


 在日韓国人のつながりで暴力団柳川組初代組長の柳川次郎と連絡を取り合える仲であったことも書かれてあります。韓国ボクシング連盟会長の金オクテイ氏自身がマフィアだったとも書かれてあります。


 アマチュアボクシングの業界は賭博の対称となっており、ヤクザやマフィア関係者が仕切っているというのは本当なのでしょうか。もう少し調べてみたいと思います。


 山根さん,良い本をありがとうございました。



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・アマチュアボクシング界において、大金が動くのは客席だけではない。国際ボクシング協会(AIBA)での活動を通し、役員たちが命と大金をかけて"駆け引き"をする様を、私は何度も目の当たりにしてきた。ギャンブルの対称になるということは当然、興行関係者にも、それなりの筋の人が多くなる(p3)


・「何があってもヤクザにはなったらあかん。山根くんは、アマチュアボクシングで生きるんやで。金が困ることがあれば、俺がなんとかしてやる」そうやって、柳川(次郎)さんはいつだって味方になってくれた(p174)


・近畿ボクシング協会・・・「我れ、何言っとんじゃ、こらあ!」「あんだと、こらあ!」・・・近畿連盟の"会議"は、まさい『アウトレイジ』で観た、あれだった(p175)


・判定に不服があっても、裏で金や権力の駆け引きがなされていれば、それは覆らない。私はAIBAという組織に入ったことで、ただ選手が強いだけでは世界の舞台で勝てないという現実を目の当たりにした(p208)


・韓国の選手が100%勝っていたのに、判定でパキスタンの選手の勝利となった・・・時の韓国連盟会長の金オクティ氏自身が名のしれたマフィアだったのだ・・・オクテイ氏も私の義兄弟でありAIBAを敵に回したいわけではなかった。そこで私の顔を立てるということで、騒動を収めてくれたのである(p218)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「男 山根 「無冠の帝王」半生記」山根 明


【私の評価】★★☆☆☆(60点)


目次

第1章 告発
第2章 密航
第3章 墜落
第4章 耽溺
第5章 栄華



著者紹介

 山根明(やまね あきら)・・・1939年10月12日、大阪府生まれ。日本アマチュアボクシング連盟前会長。同連盟理事、国際ボクシング協会(AIBA)常務理事として活躍した後、2011年に日本ボクシング連盟会長に就任。2018年7月、「日本ボクシングを再興する会」からの告発を受け、8月に会長職を辞任する。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: