「心晴日和」喜多川 泰

| コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

心晴日和

【私の評価】★★★★☆(89点)


■ストーリー作りの天才、
 喜多川さんの一冊です。


 今回も、またやられてしまいました。


 クラスの友だちからいじめられていた
 14歳の美輝が、
 病院で老人と出会います。


 そして、その老人との対話を通じて、
 自分の心を晴れやかにする方法を
 学んでいきます。


・そのうち、起こることに幸、不幸を左右されるのではなく、
 そのとらえ方を考えることによって
 幸、不幸を自分でコントロールできるようになる(p38)


■美輝は、中学校で人間関係に悩んでいましたが、
 同じような境遇にいる人は、
 思いの他、多いのではないでしょうか。


 では、どうすれば、いいのか。


 どうすれば、
 人間関係をよくすることができるのか?


 自分を幸せにするには?


 家庭も学校もその答えを
 教えてくれるところは少ないように思います。


 だからこそ、この本が
 必要とされているのでしょう。


・『幸せになりたい』じゃなくて
 『幸せだなあ』じゃ(p14)


■後半、やや複雑になってしまいましたので、
 ★4つとしましたが、

 大切なことを伝えてくれる
 良書だと思います。


 喜多川さん、よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人間は、自分が探しているものしか
 見つけることができないんじゃよ(p26)


・目の前にあるものを見て、
 誰かの喜ぶ顔が浮かぶ人は、
 何をやっても成功する人じゃよ(p25)


・自分の居場所を増やすのはとてもいいことじゃ。・・・
 ただ、別に自分に自信を持つために何かができなければ
 ならないというのではない。今のままのお前さんでも
 十分自分に自信を持つことができる(p67)


心晴日和
心晴日和
posted with amazlet at 10.04.04
喜多川 泰
幻冬舎
売り上げランキング: 1820
おすすめ度の平均: 5.0
5 喜多川さんらしい作品です
5 感性が磨かれる作品
5 真実は1つ解釈は無限

【私の評価】★★★★☆(89点)



■著者紹介・・・喜多川 泰(きたがわ やすし)

 1998年横浜市に学習塾「聡明舎」を設立。
 子どもたちに学ぶことの大切さを伝えるために、
 自己啓発小説も多数発表。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(2)

本のソムリエさん、コメントありがとうございました。
また、いつも良書のご紹介ありがとうございます!

喜多川泰さんの書評で衝撃的だったのは、やはり『「福」に憑かれた男』の「士は己を知るもののために死す」でしたが、ある意味今回の★4つも衝撃でした(苦笑)。

次作が待ち遠しいところですが、再読も良いかもですね。

その前に娘が能動的に手にとってもらうことを祈っておりますが・・・汗

益々のご活躍お祈り申し上げます!

ではでは。

最近、感動した本は「心晴日和」です。

少し前になりますが、泣きました。

子供たち全員に1冊買って渡しました。

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む