本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「心晴日和」喜多川 泰

(2010年4月 5日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

心晴日和


【私の評価】★★★★☆(89点)


内容と感想

■ストーリー作りの天才、
 喜多川さんの一冊です。
 今回も、またやられてしまいました。


 クラスの友だちからいじめられていた
 14歳の美輝が、
 病院で老人と出会います。


 そして、その老人との対話を通じて、
 自分の心を晴れやかにする方法を
 学んでいきます。


・そのうち、起こることに幸、不幸を左右されるのではなく、そのとらえ方を考えることによって幸、不幸を自分でコントロールできるようになる(p38)


■美輝は、中学校で人間関係に悩んでいましたが、
 同じような境遇にいる人は、
 思いの他、多いのではないでしょうか。
 では、どうすれば、いいのか。


 どうすれば、
 人間関係をよくすることができるのか?
 自分を幸せにするには?


 家庭も学校もその答えを
 教えてくれるところは少ないように思います。


 だからこそ、この本が
 必要とされているのでしょう。


・『幸せになりたい』じゃなくて『幸せだなあ』じゃ(p14)


■後半、やや複雑になってしまいましたので、
 ★4つとしましたが、
 大切なことを伝えてくれる
 良書だと思います。


 喜多川さん、
 よい本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・人間は、自分が探しているものしか見つけることができないんじゃよ(p26)


・目の前にあるものを見て、誰かの喜ぶ顔が浮かぶ人は、何をやっても成功する人じゃよ(p25)


・自分の居場所を増やすのはとてもいいことじゃ。・・・ただ、別に自分に自信を持つために何かができなければならないというのではない。今のままのお前さんでも十分自分に自信を持つことができる(p67)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★☆(89点)



著者紹介


 
喜多川 泰(きたがわ やすし)・・・1970年生まれ。東京学芸大学卒業後、1998年横浜市に学習塾「聡明舎」を設立。高校生を中心に英語を教える一方、授業に自己啓発を取り入れるべく研究を続け、執筆活動を開始。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(2)

本のソムリエさん、コメントありがとうございました。
また、いつも良書のご紹介ありがとうございます!

喜多川泰さんの書評で衝撃的だったのは、やはり『「福」に憑かれた男』の「士は己を知るもののために死す」でしたが、ある意味今回の★4つも衝撃でした(苦笑)。

次作が待ち遠しいところですが、再読も良いかもですね。

その前に娘が能動的に手にとってもらうことを祈っておりますが・・・汗

益々のご活躍お祈り申し上げます!

ではでは。

最近、感動した本は「心晴日和」です。

少し前になりますが、泣きました。

子供たち全員に1冊買って渡しました。


同じカテゴリーの書籍: