「マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則」ピーター・F・ドラッカー

| このエントリーをはてなブックマークに追加

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■ドラッカーのお話はもっともなことが多いのですが、
 もっともらしい言い回し(翻訳?)がとっつきにくいですね。


 何十年も著作をされているのは、
 すごいと思います。 


 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「われわれの事業は何か」との問いは、
 企業を外部すなわち顧客と市場の観点から見て、
 初めて答えることができる(p23)


・仕事と職場に対して、成果と責任を組み込む・・・
 強みが成果に結びつくよう人を配置する(p81)


・マネジャーに十分な仕事がない場合、
 マネジャーは部下の仕事をとってしまうものである(p132)


・成果とは打率である・・・
 人は優れているほど多くのまちがいをおかす。
 優れているほど新しいことを試みる(p146)


・管理に関わる根本の問題は、
 いかに管理するかではなく
 何を測定するかにある(p166)


マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
ピーター・F・ドラッカー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 266

【私の評価】★★★☆☆(78点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)