本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「未来を大きく変えるドラッカーの問い Drucker for Survival ドラッカー・フォー・サバイバル」井坂 康志

本のソムリエ 2021/10/12メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「未来を大きく変えるドラッカーの問い Drucker for Survival ドラッカー・フォー・サバイバル」井坂 康志


【私の評価】★★★★★(92点)


要約と感想レビュー

 ドラッカーは最高の経営学者であり、コンサルタントであり、未来学者として多くの経営者が参考にしています。ドラッカーは経営者に対し、「あなたの会社は何のために存在しているのか」と問います。


 本質を問うドラッカーは、経営者に考えさせるエグゼクティブコーチングをしているようなものなのでしょう。ドラッカーは、会社とは人と社会のため、つまり、世のため人のために存在すると定義しています。


・「良い会社」の条件は何か。・・・「何のために存在しているか?」との問いを中心にもつ点です(p59)


 ドラッカーの素晴らしいところは、会社への問いと同じように、知識労働者である会社員にも問いを発しているところです。あなたは何者なのか、あなたの強みは何なのか、その強みをどう生かすのか、定年後の40年をどう生きるのか?


 面白いのは、自分の得意なことと価値観が合わない場合にはどうすれば良いのか、ドラッカー自身も悩み、決断していることです。


 20代のドラッカーは投資銀行で成果を出し、高給を得ていましたが、金を稼ぐだけの仕事に意義を感じることができず、退職し、アメリカの大学に転職しています。自分の強みと価値観が合わないとき、ドラッカーは価値観を優先して、人生をリセットしているのです。


・知識労働者・・・自分は何者か?自分が属するところはどこか?強みを生かす貢献は何か?・・第二の人生はどこにあるか?(p221)


 特に50代ともなれば、世の中は見えているし、自分の強みもわかっているはずです。そうしたときに、「あなたの強みを生かす第二の人生はどこにあるのか?」と問われると、すぐに答えられるでしょうか。


 そうした問いを私たちに問うているのが、ドラッカーなのです。ドラッカーの本が、なぜ今も読み続けられているのかがわかりました。それは読んでいる人に、考えさせるからです。


 井坂さん、良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言


・自分を使って何ができるか(p227)


・フィードバック分析・・・「できたこと」「できなかったこと」を照合し、「できたこと」にフォーカスして強化していく方法です(p87)


・「ここしばらくで最もうまくいったものは何ですか?さしたる努力もなしに、あがった成果は何ですか?」(p114)


・弱みに目が行くものをリーダーにしてはいけない(p172)


・「あなたは会社で敬意を払われていますか?」「仕事のために勉強したいと社員が言ったら会社は応援してくれますか?」(p52)


・小さく始める・・・ドラッカーのイノベーションは、「地道な仕事」・・・変化を見つけることは、日々の堅実な行動の積み重ね(p97)


・徹底した成果主義・・・チームや人の成果を保持し、強みを伸ばすことに集中しなければなりません(p150)


・戦略・・・顧客から何が見えているかがすべて(p187)


・マッキンゼーの創始者マービン・バウワー・・・二人は政府機関に勤務しているとき机を並べていた間柄でした。バウワーからマッキンゼーを何と呼んだらいいのかと聞かれ、「コンサルティング・ファーム」とドラッカーは答えた(p31)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「未来を大きく変えるドラッカーの問い Drucker for Survival ドラッカー・フォー・サバイバル」井坂 康志


【私の評価】★★★★★(92点)



目次

第1部 今、ドラッカーから学ぶこと
第2部 マネジメントの樹を育てる
 第1章 事業は一本の樹 
 第2章 マネジャーとは誰か
 第3章 リーダーシップの考え方
 第4章 戦略の考え方
 第5章 知識とは何か
 第6章 フィードバック分析
第3部 ドラッカーに学ぶ生き方と働き方の作法


著者紹介

 井坂 康志(いさか やすし)・・・ドラッカー学会理事、商学博士。2005年5月、ドラッカーに対してクレアモントにて外国人編集者として最後の独占インタビューを行ったドラッカー研究の第一人者。1972年埼玉県加須市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。博士(商学)。現在、ものつくり大学特別客員教授、ドラッカー学会理事・事務局長、早稲田大学法学部非常勤講師。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: