本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「放射線医が語る福島で起こっている本当のこと」中川 恵一

(2017年7月13日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

放射線医が語る福島で起こっている本当のこと (ベスト新書)


【私の評価】★★★☆☆(77点)


内容と感想

■福島第一原子力発電所の事故は、
 悲惨なものでした。


 多くの周辺自治体の人たちが、
 国の指示で避難し、
 今も多くの人が避難しています。


 この本では、
 今回の事故の放射線で死亡する人より、
 避難のストレスで死亡した人が
 多かったのではないかと
 問題提起しています。


 特に自分では動けないような
 介護老人は避難により
 多くの人が亡くなっています。


・3年半に及ぶ避難生活は、住民の心身をズタズタにしてきました・・直接死を上回る3089人(2014年3月末現在)の「震災関連死」・・体調不良や過労、自殺など(p79)


■つまり、福島では
 データに基づく合理的な判断が
 できていないのではないか
 ということです。


 なぜ、避難すると亡くなるリスクが
 高い人まで避難させるのか。


 なぜ、自然被ばく量が約2mSv/年で、
 100mSvでガンが0.5%増える程度なのに
 除染の目標が1mSv/年なのか。


 なぜ、世界の原子力発電所では放流している
 弱い放射線しか出さないトリチウムを含んだ
 汚染水が放流できないのか。


・日本人の自然被ばく量は平均約2.09ミリシーベルト/年・・一方で、自ら望んで受ける「医療被ばく」は世界一(平均3.87ミリシーベルト/年!)・・イランの温泉保養地ラムサールにはウラン鉱石による自然被ばくが非常に多いところで、1年間で260ミリシーベルトといった場所があります(p29)


■特に放射能に関しては、
 理論や統計的に間違った判断が
 行われやすいのだと思いました。


 なぜなら、放射能というものが見えず、
 影響もすぐには出現せず、
 なんとなく怖いものだからです。


 現実問題として、
 風評被害が出るじゃないかという
 こともあると思います。


 合理的な報道と
 合理的な意思決定ができないのは
 戦争中から今まで
 変わらないのだなとも感じました。


 中川さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・広島・長崎のような一瞬の被ばくでは、100ミリシーベルト以上になると・・がん死亡が0.5%増えます(p36)


・天然の放射性物質であるポロニウムなどが含まれる魚介類を摂取することによって、日本人は年約1ミリシーベルト程度の自然な内部被ばくを受けています(p19)


・肥満や運動不足、塩分の摂りすぎは200~400ミリシーベルトの被ばくに相当します。タバコを吸ったり、毎日3合以上のお酒を飲むと、がん死亡率のリスクは1.6~2倍に跳ね上がりますが、これは2000ミリシーベルトの被ばくに相当します(p4)


・汚染水はなぜ流していいのか・・・汚染水に残るのは水素の同位元素の「トリチウム」という放射性物質だけです・・トリチウムは1リットル当たり6万ベクレルまでは海洋放出してよいと認められています・・毎日2リットル飲んだとしても、1年間の被ばく量は0.8ミリシーベルト程度(p18)


・飯館村の老人ホームを避難させようとした愚・・・高齢者を動かすと、むしろ亡くなる確率が高まるというのは、データとして出てきています(p51)


・飛行機と自家用車を比べたら、自家用車の危険のほうが確率的には絶対に高いわけです・・9・11の後にものすごくアメリカで交通事故が増えちゃった(p165)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

放射線医が語る福島で起こっている本当のこと (ベスト新書)
中川 恵一
ベストセラーズ
売り上げランキング: 382,349


【私の評価】★★★☆☆(77点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第一章 放射線のウソ・ホント
第二章 がんのウソ・ホント
第三章 避難が最大のリスクという福島の皮肉
第四章 豊かさと健康長寿は相関する
第五章 「バカの壁」で健康を損ねる人類


関連書籍

「小説1ミリシーベルト」松崎忠男
「世界一わかりやすい放射能の本当の話 完全対策編」宝島社
「復興の日本人論 誰も書かなかった福島」川口 マーン惠美
「放射線医が語る福島で起こっている本当のこと」中川 恵一
「はじめての福島学」開沼博
「ヤクザと原発 福島第一潜入記」鈴木 智彦


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: ,