本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ドイツの脱原発がよくわかる本」川口・マーン・惠美

(2016年6月17日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツの脱原発がよくわかる本: 日本が見習ってはいけない理由

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■岡目八目というように、
 海外から見ると日本が
 よく見えるらしい。


 ドイツ在住の長い
 川口さんには日本の原子力政策は
 どのように見えたのでしょうか。


 まず、川口さんは
 原子力をすべて停止してしまったことに
 驚いたようです。


・ドイツでは別に原発が全部止まっているわけではない。17基のうち9基は稼働している。・・・それに比して、日本は突然、50基を止めてしまった。どれだけ無理をしているか、そこのところを私たち日本人は良く考える必要がある(p82)


■なぜならば、運転しながらでも
 耐震、耐津波対策は打てる。


 運転しないことで、
 電気料金が上昇する。


 チェルノブイリ事故の後も、
 スリーマイル事故の後も、
 原子力をすべて停止するという
 判断にはならなかったのです。


・東電以外の電力会社は、事故を起こしたわけでもない。原発を急に止める理由は何もなかったはずだ。・・安全強化は、運転しながらでもできる。どこの国の原発でも、そうしてきた(p205)


■そしてドイツでは、脱原発の一方で
 再生可能エネルギーを大量導入しています。


 その結果、
 再エネがすべての原因ではありませんが
 電気料金が2倍になっています。


 川口さんの言いたいことは、
 外国の事例を勉強して、長期的に
 ゆっくりと脱原発、再エネ導入を
 進めればいいということです。


・ドイツの脱原発・・2022年までにすべての原発を停止。・・連邦系統規制庁の長官は言った。「どう決定しようがあなた方の自由だ。ただ、自分たちが何を決定したかを知るべきだ」(p27)


■今の日本は、ドイツの失敗をまねるだけでなく
 さらに加速して失敗しようとしている
 ように見えるようです。


 頭の良いはずの日本人が
 残念なことです。


 川口さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・再エネで儲かる人がいる一方、投資するお金のない貧乏人にとっては、再エネはタダどころか、電気代の値上がりをもたらす元凶だ(p56)


・再エネは、お天気が悪いと発電量が急速に減るので、・・バックアップの電源は、ピーク時の需要をほぼ100%満たせるだけの容量を確保しておかなければならない(p62)


・電力会社がどれだけ発電できるかは太陽と風が決める。・・計画的に発電できない電力会社が儲からないのは当然で・・電力会社を倒産させるわけにもいかず、しわ取りのためには、早晩、火力にも補助金を出さなければならなくなるだろう(p80)


・デンマークは・・風力が30%、バイオマスが15%と、再エネ電気の割合がすでに大きい・・・そのいわゆるしわ取りのためのバックアップ電源を、デンマークは自前で用意していない・・あまった風力電気をノルウェーやスウェーデンに安く売る・・昼間の不足時間帯には、ノルウェーやスウェーデンから水力電気を買っている(p123)


・日本には、電気が足りなくなったとき、あるいは、あまったときに融通をつけ合える隣国がない。これは、決定的なデメリットだ(p202)


・現在でさえアメリカの1.7倍のCO2を排出している中国が・・(100万キロワット級)の石炭発電所を年に50基ほども建設している・・先進国がCO2削減のために、何か効果的なことをするつもりなら、自分たちのことよりも、新興国の手助けをした方が良い(p84)


・世界原子力発電事業者協会(WANO)は、女川発電所に対して、原子力功労者賞を授与している。理由は、①日ごろから緊急時の対応をはじめとした事前準備に備えてきたこと、②巨大地震と津波にもかかわらず、発電所の3基すべてを安全に冷温停止に導いたこと、③震災で被災した地域住民を受け入れ、地域と共に困難を乗り越えたこと(p170)


・リスクマネージメントとは何か・・目の手術は原則として、一人の医師が両目いっぺんにすることはない・・一人で一度にすると、万が一・・・両目を失明してしまう危険があるからだ(p3)


ドイツの脱原発がよくわかる本: 日本が見習ってはいけない理由
川口 マーン 惠美
草思社
売り上げランキング: 228,143

【私の評価】★★★☆☆(72点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

ドイツが脱原発を決めるまでの紆余曲折
脱原発を理解するための電力の基礎
ドイツの夢見た再エネが直面した現実
今、ドイツで起こっていること
ドイツの再エネ法が2014年に改正されたわけ
「再エネ先進国」を見習えない理由
原発はどれだけ怖いのか?
ドイツの放射性廃棄物貯蔵問題はどうなっているか
日本の原発を見にいく
日本の電力供給、苦闘の歴史と現在
ドイツの脱原発を真似てはいけない理由
日本の豊かさを壊さない賢明な選択を


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: