本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「職業、ブックライター。毎月1冊10万字書く私の方法」上阪 徹

(2016年6月16日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法


【私の評価】★★★★☆(87点)


■毎月一冊の本を書くという
 ゴーストライターは
 どんな仕事をしているのでしょうか。


 取材はいくつかに分けて
 10時間以上インタビューを
 行います。


 そしてすべてテキストに変換して、
 読み込み、整理して、
 目次を作ります。


 これが一週目です。


・十数時間のインタビューが一般的だと書きましたが、多いのが、二時間のインタビューを五回、というパターンです(p33)


■二週目からは原稿の執筆です。


 できるだけ集中して
 原稿を書いていきます。


 例えば、丸一日執筆とか、
 午後から夜まで執筆など。


 その書籍にどっぷりつかる
 時間を作ることで、
 効率的に原稿を書いていくのです。


・一週目が、膨大な資料の読み込みと整理、そして目次作りです・・二週目が原稿の執筆です・・三週目の中程まで、執筆がずれ込んでいくことがほとんどです・・三週目の後半から推敲に入っていきます(p186)


■こうした本を書いてきて、
 最も良かった点は、
 成功者から学んだことらしい。


 取材を通じて、
 成功のコツを学ぶことが
 できたのです。


 私も本を読んできて、
 同感です。


 上阪さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「売れそうな本」を作るのではなく、「いい本」を作る。読者の役に立つ本を作る。著者のメッセージが、しっかり届くものを作る。読みやすく、理解しやすく、ストンと腹落ちできる展開の本を作る。(p91)


・キラークエスチョンを用意しています。それが「もし、知識がほとんどない読者だったら、どんなふうに説明していただけますか?」(p111)


・「250枚を一本」ではなく「5枚を50本」(p129)


・人に話すように、そのまま言葉を文字にしていけばいい、ということに気づいたのです。文章はそれでいいんだ、と。(p163)


・理想を言うなら、丸一日書籍に取り組むことができる日を、四日でも五日でも続けて、一気に書いてしまうことです。(p172)


・目次作りで少し「寝かせる」時間を作ったように、推敲も最初の原稿を書いて少し寝かせてから見るようにしています(p183)


・たくさんの「成功者」たちに取材をさせてもらったことで、私は大きく変わりました。つねに物事に謙虚であること。起きていることを受け入れること。ご縁や偶然を大切にすること。自分のためでなく誰かのために働くこと。自分の幸せは自分で定義すること・・(p227)


▼引用は、この本からです。

職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法
職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法
posted with Amazonアソシエイト at 16.06.15
上阪 徹
講談社
売り上げランキング: 117,075


【私の評価】★★★★☆(87点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

はじめに こんな仕事が世の中にあったとは
第1章 ブックライターの仕事はこんなに楽しい 仕事のスタイル
第2章 ブックライターの仕事のパートナー 出版社・編集者との関係作り
第3章 素材が七割、書くのが三割 企画と取材
第4章 「二五〇枚を一本」ではなく「五枚を五〇本」 目次を作る
第5章 毎月一冊すらすら書く技術 書き方と時間管理
第6章 ブックライターとして生きていくには 仕事に向かう心構え
おわりに 人間としての大きな成長をもたらしてくれる仕事


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: