本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「人生で一番大切なのに誰も教えてくれない 幸せになる技術」上阪徹

(2020年1月14日)|

【私の評価】★★★★☆(87点)


■3000人もの成功者と会い、
 月に1冊の本を書いてきた著者が
 教える「幸せになる技術」です。


 成功者と言われている人にも、
 幸せそうな人と
 幸せそうでない人がいたという。


 例えば有名企業の部長でありながら
 死んだ目をしている人もいれば、
 小さな会社でウキウキと仕事を
 している人もいる。


 一般に言われる社会的成功と
 その人の幸せとは、必ずしも
 一致しないということなのです。


・うまくいっている人たちは・・・世間のいう成功なんて、どうでもいい。そんなものに縛られない。それより、自分で見つけた「答え」にこだわる。そんな生き方をしていたのである(p27)


■面白いところは、
 著者が成功しよう、有名になろう!と
 思っているときは成功しなかった
 ということでしょう。


 その反対に、与えられた仕事で
 関係者のためにベストの仕事を
 しようと思っていたら、
 成功したというのです。


 成功とは自分でつかむものではなく、
 周囲の人が評価という形で
 持ってきてくれるものだったのです。


・早く結果が欲しかった。お金も欲しかった。「有名になりたい」「女性にモテたい」・・と思っていた・・私はなかなか結果が出せなかった・・・「賞が取れる広告」を作ろうとしていた。「自分のために働いていた」のである・・・その意識をやめた・・とにかく発注者の意向を汲むことを考える。広告効果だけに集中する・・賞のことなどまったく考えなくなったら取れるようになった(p55)


■成功とは人が持ってきてくれるもの
 であるのに対し、
 幸せとは自分が決めるものだという。


 誰がなんと言おうとも
 私はこれでいいんだ、と
 言い切れるのか、ということです。


 他人の価値観と自分の価値観とを
 混同しないこと、錯覚しないことが
 大事なのだと思いました。


 上阪さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・幸せは自分で決める(p9)


・必要なのは、「誰がなんといおうと、これはオレの幸せ」「私はこれでいい」「周囲がどう思おうと関係ない」と言えることだ(p28)


・「自分の幸せについて考える時間を作る」ということである。何が自分を幸せにしてくれるのか、頭をめぐらせるのだ(p50)


・人というのは、いつ死ぬか分からないんです。ボーッとしていたら、あっという間に終わってしまう。だから、まず一生をどう生きていきたいのかというところから、きちんと考え直したほうがいいと僕は思う。(養老孟司)


・世の中なんて、所詮その程度のもの・・・自分の意識ひとつで、その姿はすっかり変わってしまう・・・「出世した」だの「抜擢された」だの「お金がない」だのと一喜一憂して、落ち込んだりしている場合ではない。それよりも、「もっと楽しい、幸せな世の中を自分で作ってしまおう」と考えてしまえばいいということだ(p46)


・「誰かの役に立てること=幸せ」(p200)


・与えられた仕事を楽しんでしまう・・与えられた仕事に邁進してしまえばいい。やってみたら「あ、これがやりたい仕事だったんだ」という出会いだって起こるかもしれない(p66)


・不運に思えたことが、実は幸運だった・・むしろ逆境のなかから這い上がっていく立場になったほうが、大きな収穫を得られる(p75)


・成功しても調子に乗らない・・・うまくいっているときほど、周囲は注目しているのだと気づかないといけない(p96)


・自分のことを悪く言う人についてどう対処すればいいか・・「相手にしない」そもそも悪口を言っている人間の目的は、最終的にはこちらを困らせ不快にすることではないか。こちらが困り、不快になると、相手の狙いにまんまとはまることになる(p119)


・日頃からの思いや行動が変わると顔も変わってしまう。顔はウソをつかない。だから私は「友達は顔つきで選べ」とよく言う(p142)



上阪徹、きずな出版

【私の評価】★★★★☆(87点)


[楽天ブックスで購入する]


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

第1章 幸せな人が「成功」を目指さない理由
第2章 幸せな人が「やりたいこと」を仕事にしない理由
第3章 幸せな人がお金に興味を示さない理由
第4章 幸せな人がいつも機嫌が良い理由
第5章 幸せな人が「ありがとう」を口癖にする理由



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
配信は『まぐまぐ』を使用。


この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: