「現金は24日におろせ!」小宮 一慶

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

現金は24日におろせ!

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■タイトル「現金は24日におろせ!」の心は、
 給料日の25日はでATMが混むので、
 前の日におろしなさい、
 ということです。


 経営コンサルタントの小宮さんが
 言いたいのは、
 時間の価値を知り、時間を使うこと。


 自分の人生において
 時間もお金もコントロールする
 ということです。


・人生で大切にしていることを
 実現させるために、
 自分の時間やお金をコントロール(p10)


■コントロールするためには、
 目的地がなくてはいけません。


 目的地がわからないとすれば、
 目的地を考えるために
 なんでもやってみる。


 いろいろやってみて、
 自分に合いそうな山を見つけて、
 登ってみる。


 分からなければ、
 分からないなりに、
 やることはあるのです。


・大切なのは、
 「自分はどう生きたいのか
 ということを、
 しっかりと考えることです(p50)


■自分の人生を、よく考えて、
 コントロールしようという
 一冊でした。


 幸せな人生にしたければ、
 幸せな人生にすればよい。


 お金がなければ、
 お金のある人生にすればよい。


 いろいろ苦労されている人には、
 嫌味に聞こえる言葉ですね。


 小宮さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・30分間は、年収500万円の人の
 「時給」ならぬ「30分給」に換算すると、
 約1300円になります・・
 25日にATMコーナーに並ぶような人は、
 おそらくほかのことについても時間を
 あまり意識することなく使っているはず(p5)


・老後の資金が3000万円でいいのなら、
 リタイアした時点で3000万円が残っているように
 お金をコントロールしていくこと(p10)


・「どうすればお金持ちになれますかね?」
 と質問されたら、私だったらこう答えます。
 「まずは100万円貯めることを
  目標にしてください」と。(p106)


・キャリアアップを重ねていく人は、
 「お金」ではなく「仕事」を
 ビジネス人生の柱に
おいています(p197)


・「その人にしかできない仕事」が
 できる人になりたいのであれば、
 もう一歩も二歩も深く
 読み込む必要があります(p211)


・FXは典型的な「ハイリスク・ハイリターン」型の
 金融商品なのです。これでは、バクチです。
 それも元手以上をなくす可能性のある
 大変危険なバクチです(p161)


現金は24日におろせ!
現金は24日におろせ!
posted with amazlet at 16.08.04
小宮 一慶
ベストセラーズ
売り上げランキング: 1,250,135

【私の評価】★★★☆☆(70点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

プロローグ 現金は24日におろせ!
第1章 「これからの時代」を想定しよう!
第2章 人生のキャッシュフロー表を作ろう!
第3章 「お金コントロール力」を身につけよう
第4章 投資に対する価値観を持とう!
第5章 お金=「時間コントロール力」を身につけよう!
第6章 一人前で満足するな!一流をめざせ!!




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む