人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「できる社員はこうして育てる!―強い部下、強い会社をつくる81のヒント」小宮 一慶

2011/02/11本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

できる社員はこうして育てる!―強い部下、強い会社をつくる81のヒント


【私の評価】★★★★☆(82点)


要約と感想レビュー

■年間200回の企業向けセミナーを行う
 小宮さんの話では、
 セミナー参加者の雰囲気から
 会社の業績がどうなるかわかるとのこと。


 つまり、セミナー参加者にやる気のある社員が
 多い会社の業績は回復し、
 がっかり社員が多い会社は、
 そのような結果になっているということです。


 会社の発展は、
 結局は、会社を構成している
 社員一人ひとりの成長に
 かかっているということなのでしょう。


・良い会社では、いいかげんに働く人が居づらくなり、悪い会社では、しっかり働く人がアホらしくなって辞めてゆく(p84)


■これは簡単に変わることではありません。


 組織を構成する人の性格というか、
 性質とも関連するものであり、
 一筋縄でいくものではないでしょう。


 しかし、それでも
 人を育てなければ、
 会社の発展は望めないということです。


・人を育てようと思ったら、その一番は、手間をかけることである。手を抜いて人が育つということはまずありえない(p120)


■私も会社に勤めていますが、
 人を育てるのは非常に難しい。


 まず、なにをもっても自分が成長しなくては
 他の人を成長させることはできませんし、
 人生はたったの一回切りだからです。


 なるほどね、と思いながら読みながらも、
 このテーマは本で読んだらすぐに
 解決するようなテーマではないと感じました。


 小宮さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・私は、人が一流になれるかなれないかの差は、実は、その慣れた時点から努力するかどうかにかかっているのではないかと思う。(p26)


・役員全員がお客様の代理人になって、お客様のために切磋琢磨するのが良い会社だ(p88)


・生命保険の外交員・・・最高位の人は数億円の年収がある一方、9割以上の人は、年収が数百万円・・・自分から買っていただいたほうがお客様のためになる」という信念を持っている(p21)


・慣れたと思ったら、より高い課題を与え続けることで、慣れを許さない環境を作ることだ。・・・常に向上心を持たせるような緊張感を与え続けなければならない(p27)



【私の評価】★★★★☆(82点)



著者紹介

 小宮 一慶(こみや かずよし)・・・1957年生まれ。東京銀行入行。岡本アソシエイツ取締役。1994年日本福祉サービス企画部長。1996年小宮コンサルタンツ設立。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: