「松下幸之助の流儀」松下 幸之助

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

松下幸之助の流儀

【私の評価】★★★★☆(85点)


■この本を読んで驚くのは、
 1970年代にしてすでに松下幸之助は、
 このままでは日本は危ないと警鐘を鳴らしています。


 独立自立の人が減って、
 他人に頼る人が増えてきている。


 自分で立ち上がろうとする人こそが、
 町を作り、都市を作り、
 国家を作っているのです。


・水害が起こった。そして一つの町がすっかり流されてしまった。
 その隣の町はなんにも被害はなかった。・・・
 ところが十年後に・・流れた町が例外なしに全部発展しているのです
 ・・・そういう点を見ると、恵まれたと思ったところは、
 実は恵まれていないんですね
。・・・
 何が原因であるか。私は心の問題だと思います。(p25)


■そうした危機意識を持ちながらも、
 日本はいい国である。


 その国に生まれたのは、
 一つの運命であり、
 私は非常に運がいいのだ。


 "そういう思いで
  やっていきまへんか"

 という幸之助の声が
 聞こえてきそうでした。


・"おまえは日本人やないか。
 そうや、自分は日本人や。
 必ずうまくいく
"と、
 こう思うてぼくはやっている(p6)


■松下幸之助は、決してあきらめなかった。


 不況よし。好況はもっとよし、と。


 幸之助さんの本を読むと、
 いつも背筋が伸びてきます。


 松下幸之助さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・七転び八起きではいけない
 一度転んだら気のつく人間になりたい(p29)


・あきらめてしまうことは簡単である。
 そんなことはいつでもできる。
 しかしながら、あきらめてしまえば、それで事は終わりである。
 だから私はあきらめなかった(p30)


・自分はもう自殺しようという人もあれば、
 こんなに悪いんやったらよくしてやろうと、
 どれだけよくなるだろうと。
 よくなる道をかんがえようと、勇気凛々としてやるという人の、
 二とおりあるな。
 それでわしは、あとのほうに入ったんや。(p38)


・きみらが死んで灰になってしもうても、
 灰になったその人の行動というものは永遠に残っていく
 歴史の上に残る。
 それで立派やとか立派やないとか批判されるわけや。
 だから、われわれの一挙手一投足というものは永遠に生きていく。
 そのことを考えてやらんといかんわけやな。(p77)


松下幸之助の流儀
松下幸之助の流儀
posted with amazlet at 13.10.14
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 598,776

【私の評価】★★★★☆(85点)


人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

1 道は無限にある
2 心を広げる、考え方を変える
3 日本人の誇りをもって
4 人間としての成功を求めて
5 日本人として、いまを生きる
6 ともに生きる、これからを生きる
7 国を想う人であれ


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む