「社員稼業―仕事のコツ・人生の味」松下 幸之助

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加
社員稼業―仕事のコツ・人生の味 (PHP文庫)
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 44092

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■松下幸之助の肉声テープ3本と
 セットになっていた一冊です。

 これは松下幸之助のお話を
 書籍にしたもの。

 やはり、この本よりも、
 松下幸之助の話を聞くほうが、
 心の中にスッと入ってくるものが
 多いように感じました。


・だいたい話をしてみて、これであれば実力が五十点、
 五十点では困りますけれども、六十点ぐらいはあるなと思えば、
 「君、これやってくれ。君なら十分いけるよ
 というようにしてもいいわけです。
 それでたいていうまくいくのです(p29)


■やはりなんといっても
 「社員稼業」の話がいい。

 自分は会社員だけれども、
 一つの独立経営体の経営者でもある、
 という考え方ができないか。

 決して強制するわけではなく、
 それが正しいかどうか、
 そうしたらどうなるか、
 考えてみてください。

 そうした言い方に、
 松下幸之助の本当の意味での
 一生懸命さが見えてくるのです。


・フッと次のようなことを感じたのです。
 自分はいま社長である。社長で月給はいくらもらっている。
 そうすると、そのもらっている少なくとも十倍は、
 私一人ででも、会社を儲けさせなければならない。
 もしそれができなければ、社長を辞めないといけない(p124)


■書籍として読んでみると、
 いま一歩という感じですが、
 テープかCDがあったら、
 ぜひ聞いていただきたいと思います。

 「こんな言い方をしていたのか」
 「思ったより滑舌はよくないな」
 いろいろなことがわかります。


 松下さん、良い話を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・社長が甘ったるく、いつもニコニコしているという
 面も必要でしょうけれど、時にはぴしっぴしっと
 叱るという厳しさもなければ、その会社はどこか
 タガがゆるんだところがあると思います(p75)


・日本のいちばんの欠点は、封建制といいますか、
 たとえば入社順によって、人が地位を得ていく、
 会社で仕事をしていく、そういう傾向があることです・・・
 アメリカへいくとそういうことはありません(p107)


・私の若いときは、
 「しんどくても喜んでせい、苦労はもちろん、
 しんどいことは買ってでもせい」と
 教えられたのです(p146)


・仕事に命をかけているかどうか、ということです・・・
 この技能を修得しよう、得た技能をこう遂行しよう、
 ということに精神を集中している姿は、
 命をかけている姿といっしょだと思うのです。(p151)


社員稼業―仕事のコツ・人生の味 (PHP文庫)
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 44092

【私の評価】★★★☆☆(77点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む