「仕事はおもしろい」斎藤 一人

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事はおもしろい―当代きっての実業家が明かす仕事術の神髄!

【私の評価】★★★★★(94点)


■毎度、斎藤 一人さんのテープから
 書籍化した一冊です。


 今回のテーマは商売。


 仕事で成功するためのコツを
 おしえてもらいます。


真剣に仕事しなきゃダメなんだよ
 プロじゃ食えないんだよ。
 プロ中のプロにならなきゃ。
 プロで食えたのは二十世紀まで。(p36)


■端的に言えば、
 プロにならなくてはならない。


 そのためには、仕事をおもしろいと
 思えなければいけない。


 で、仕事って、本当は
 一生懸命すると楽しいもの

 それって、甲子園球児が、
 野球に打ち込んでいるのと、
 本来は同じはずなんだよね、

 ていうのが一人さんの見解です。


・高校野球だって、苦労して甲子園に来たやつはいないんだ。
 ・・・好きなことを一生懸命やったんだよね。ところが、
 野球でがんばれた人も、社会に出るとあんまり働かなく
 なっちゃうことがあるんだよ。
 野球にはおもしろさは見つけられても、
 仕事におもしろさ見つけられなかったんだね(p52)


■だから、幸せ言葉を言う人に
 ならなくてはいけない。


 そうすれば、
 魅力のある人になる。


 自分に魅力があれば、
 何でもうまくいくのです。


 魅力さえあれば、
 仕事も人も
 惹きつけられてくるものなんですね。


・いつも会社に行って泣きごと言って、
 「部長がいやんなっちゃう」とかって言ってるのと、
 部長に「私のこと叱ってくれてうれしいですよ」って
 言うのとでは、「あれ、いつもと言うこと違うな」。
 わかるかい。(p75)


■実は私は、
 一人さんのテープは20巻くらい持っていて、
 会社へ行く途中の車で何度も聞いています。


 良い話は何度も聞くものですね。


 斎藤一人さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・成功とは旅路なんだよ。
 自分が決めた道をとことこ歩いているときに、
 ドラマが起きる。そこで人と出会うんだよ。(p22)


・会社行ったらバリバリ仕事して、
 隣のやる仕事手伝って、いい仕事して。
 正道を、正道に出世することを考えるんだよ。
 一生懸命やってれば楽しいんだよ。(p129)


・人の魅力って、その人が限界を超えたときに出てくるんです。
 しゃべるのが苦手な人が一生懸命しゃべってると、
 人に大きな感動を与えるものなんです。・・・
 苦手なことに挑戦している姿は、すてきなんです。(p152)


・人間ってね、総面積が決まってるのね。
 だから、なにかがずば抜けている人は、
 反対がへっこんでるね。・・・
 へっこんでるのを、こっちを削ってこっちを埋めちゃうと
 普通の人になっちゃうから、
 それじゃあ、つまらなくなっちゃうんだよね。(p74)


・私は体が悪いから、毎日家で本読んでたんだよ。
 一日3冊ずつ、本読んでた
 せっせせっせと本読んでたんだよ。(p127)


・『人を動かす』や、
 『マーフィー100の成功法則』といった
 名著を、仲間みんなで読んだよね。(p148)


仕事はおもしろい―当代きっての実業家が明かす仕事術の神髄!
斎藤 一人
マキノ出版
売り上げランキング: 1357

【私の評価】★★★★★(94点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

素晴らしい記事をありがとうございます。
斎藤一人さんの仕事はおもしろいのポイントがまとまっている書評を探しているとこのサイトにたどり着きました。
この文章から自習用の音声テープを作りたいと思います。

本当にありがとうございました。

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む