「レバレッジ・リーディング」本田 直之

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

レバレッジ・リーディング

【私の評価】★★★☆☆(72点)


目的を持って一日一冊読む、アウトプットする・・・
 著者は私とまったく同じことをされているようです。


 そして、それを仕事で生かし、
 書籍代の100倍以上の利益を生み出しているといいます。
(私は3倍くらいでしょうか)


 ・インプットするだけでは、ただの自己満足にすぎません。
  いかにアウトプットするかが勝負です。(p33)


●本は非常に安い投資であるという認識、
 本の端を折りながら一日一冊読む方法、
 すべて私と同じです。


 ・ひとかどの経営者なら、必ず月に十数冊のビジネス書に目を
  通しているはずです
。・・・「一流の経営者になったから読む」
  のではありません。彼らは無名の時代から本を読んできたからこそ
  成功できた(p44)


●私の代わりに書いてくれたような一冊でした。

 私の無料レポートと比較してみると面白いかもしれません。
 ★3つとしました。

※私の無料レポート「一日一冊読みながら、メルマガを毎日発行する私の方法」
 ダウンロードはこちらから→ http://tinyurl.com/ytfwcf


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・本を読む目的を明確化する(p98)


 ・本棚を使った簡単整理法・・・面白い本やためになった本は本棚の上のほうに置き、
  つまらなかった本、得ることの少なかった本は下のほうに置いていきます。
  そして、本棚に入りきらなくなったら一番下の段にある本から捨てていく(p165)


▼引用は、この本からです。

レバレッジ・リーディング
本田 直之
東洋経済新報社
売り上げランキング: 1501
おすすめ度の平均: 4.0
2 読むところは少ない
4 ビジネス書を読むべき理由
3 読書に金銭的価値を持たせる方法とは?
5 最初に読むべきノウハウ本
5 あまりツッコマないで試せばよい

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■オーディオブック

レバレッジ・リーディング


■著者紹介・・・本田 直之(ほんだ なおゆき)

 シティバンクなどの外資系企業を経て、営業支援アウトソーシング業の
 バックスグループ取締役としてJASDAQへ上場。
 現在、レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役として、
 ベンチャー企業に資本・経営参加している。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

本田直之氏の「リバレッジリーディング」
本を読むことへの考え方が変わりました。

著書の内容どおり、読んだ後で内容を
「リバレッジメモ」として記録していますが、
そのメモを読むことで自分へのその時点で
の考え方のサマリーとして自己評価したり
今後へのモチベーションを高める良い機会
になります。

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む