「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」武田 邦彦

| コメント(1) |

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks)

【私の評価】★★★★☆(88点)


●著者が主張する大きな環境問題のウソは
 3つです。


●まず、プラスチックのリサイクルです。


 膨大な税金と、分別に膨大な手間が
 かかっているにもかかわらず、
 実際に再利用されているのはごくわずかというのが
 現実のようです。


・ペットボトルの販売量が51万トンなのに、
 再利用が3万トンである・・・
 実にバカらしい。(p18)


●2つめはダイオキシン騒動です。


 実はダイオキシンには、
 動物実験による毒性評価だけであり、
 人間に対する毒性が認められていないのです。


 それなのに、マスコミ騒動により、
 膨大な税金が焼却炉の更新に使われてしまいました。


・報告書を筆者は読み、また驚いた・・・
 「ダイオキシンは人間ではほとんど毒性が認められていない。
 急性毒性としてはニキビが最も重い症状であり、
 それ以外には認められていない。(p87)


●そして、3つめは京都議定書です。


 京都議定書は米国や中国などの発展途上国が
 削減義務を持たないことから
 温暖化防止に効果はありません。


 効果がないにもかかわらず、
 日本は自分で目標を決め、目標を達成できなければ、
 お金で排出枠を買うという仕組みなのです。


・ある国が二酸化炭素を削減する約束をしておきながら、
 実際には二酸化炭素を削減することができない時には、
 二酸化炭素を削減する余裕のある国から削減枠を
 お金で買取り、それを約束に充てることができる・・・
 お金で問題を解決できる(p162)


●結論として、著者はリサイクルや
 温暖化の環境問題は日本に
 存在しないと断定しています。


 日本は他国に比べゴミを出さない社会であり、
 GDP当たりの二酸化炭素の排出量も少ないのです。


・プラスチックのリサイクルに1700億円、
 家電リサイクルに1000億円、さらに
 リサイクル推進のために2000億円だから
 国民がリサイクルのために余分に支払ったお金は
 1年間でトータル5000億円にもなる(p42)


●それよりも、資源の枯渇こそが
 環境問題であるということに納得しました。


 石油がなくなれば、リサイクルも
 温暖化も必要なくなるのです。


 都合の悪いことは公表しないという
 官僚とマスコミの性質を再認識する一冊でした。
 ★4つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ダイオキシンの騒ぎが起こった直後、多くの自治体は
 ごみ焼却炉をお金をかけて改造した・・・
 国が用意したお金は毎年600億円~1800億円に上った。
 それが10年以上続き、必要もない施設に巨額の税金が
 投入されたのである。(p89)


・1950年頃には、南極の気温はマイナス49.0度だったが、
 記事が書かれた1984年頃は気温が49.5度まで下がり、
 最近ではマイナス50度に近づきつつある(p117)


・日本国民の多くは京都議定書を守ることで地球温暖化が
 改善されると信じているが、それも程度である。
 1度上がるところを0.993度上がる
 というのではどうにもならないではないか。
 つまり、残念ながら京都議定書というのは
 地球温暖化にはほとんど何の影響もない。(p159)


▼引用は、この本からです。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks)
武田 邦彦
洋泉社
売り上げランキング: 1022
おすすめ度の平均: 4.0
3 本書の功罪
5 少なくともゴア氏や山本教授の本よるは良い
5 一筋縄ではいかない環境問題。
1 環境問題について誤った認識を植え付ける危険な本
4 間違いだらけの環境問題

【私の評価】★★★★☆(88点)



■著者紹介・・・武田 邦彦(たけだ くにひこ)

 1943年生まれ。
 名古屋大学大学院教授を経て、中央大学総合工学研究所教授。
 内閣府原子力安全委員会専門委員。
 文部科学省科学技術審議会委員。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)