本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「環境問題はなぜウソがまかり通るのか2」武田 邦彦

(2011年3月 7日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks)


【私の評価】★★★★★(93点)


■環境省が所管する京都議定書とリサイクルの
 欺瞞について切り込んだ一冊です。


 私は、
 排出権に関わったことがありますので、
 京都議定書批准という歴史的判断ミスは
 しっかり記録に残すべきと考えています。


 しかし、
 なぜかこのテーマの本は
 少ないのです。


・日本は、たとえばホンダの車を買えばこのくらい減る、松下電器の製品を買えばこのくらい二酸化炭素排出量が減るという交渉をすべきだったのだ(p89)


■京都議定書については、
 延長されないことで軌道修正がなされましたが、
 リサイクルについてはあまり変化がありません。


 武田さんの主張は、
 リサイクルする価値のあるものだけ
 リサイクルしてはどうか、というものです。


 ペットボトルや再生紙は
 再生にエネルギーを使うので、
 燃やしてしまう、
 という選択肢もあるはずなのです。


ペットボトルを一度使う時に消費する石油(換算量)は次のようになる。
 1)1回使って焼却する場合・・・96.0グラム
 2)リサイクルする場合・・・・238.0グラム・・・(p158)


■なんでもかんでもリサイクルしようとする
 役人には経済性の視点が欠落しており、
 天下りの視点しかないのかもしれません。


 これからはリサイクル見直しが
 なされるとうれしいですね。


 武田さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・何でもかんでも本格的にリサイクルを始めようとすれば、手間がかかり、資源を余計に使い、管理もしなければならない。そこに膨大な税金を注ぎ込むことができ、天下りの際の特殊法人や団体をつくることもできる(p173)


・プラスチックを燃やしてもダイオキシンは危険なほどには発生しない・・・ダイオキシンの毒性はこれまで過剰に報道されてきた。実際には毒性は弱い・・・焼却炉でプラスチックを燃やしても炉は傷まない・・・(p164)


・目の前に畑がある。そこに石油1カロリーを使って作物を育て、作物を1カロリー得るとする。そしてできた作物に0.5カロリーの石油を使い、バイオエタノールに変える。・・・一方原油に0.5カロリーの石油を使ってガソリン1カロリー分をつくる。どちらが効率的だろうか。(p129)


京都議定書・・・温暖化防止の役に立たず、日本だけが圧倒的に不利な条約(p25)


・1 1980年から地球の温暖化は進んでいる。
 2 その前の30年間、地球は寒冷化していた。
 3 その時も二酸化炭素は増加していた。・・・
 7 地球温暖化がもたらす未来予測はいくら議論しても決着しない。現代の科学でわからないことを言っているからだ。
 8 わからないものはわからない。(p147)



【私の評価】★★★★★(93点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: