「斎藤一人のツキを呼ぶ言葉」清水 克衛 小俣 貫太

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

斎藤一人のツキを呼ぶ言葉 (知的生きかた文庫)

(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)85点


●やっぱり★★★★にしてしまいました。


 斎藤一人さん関係の本は、
 これだけ多くの本が出版されているのに
 内容の重複が少なく、
 毎回ハッと気づかされることがあるのです。


●斎藤一人さんを癒し系と言う人もいますが、
 根本のところでは
 激烈なプロ根性があるのです。


 そのような根性を、"波動"とか"指導霊"とかを使って
 うまく優しく伝えるところに斎藤さんの配慮があるわけですが、
 仕事には非常に厳しいのです。


●触れば切れるようなプロ根性に、

 「信じてるよ、やってみな

 という心の配慮を加える一人さんには
 松下幸之助にも通じるようなレベルの高さを感じます。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


知恵を出せば、一万円を使い切るのだって大変なんだよ
 だから、まず一万円を活かし切ることから始めてみな。
 まず、売り上げを伸ばすために何が出来るか考えると、
 お金の要らないことがたくさんあることに気づく。
 お店をきれいに掃除するのはタダだし、笑顔だってタダ
 お金のかからないことを全部やっちゃったらいい。
 それから、店にたくさん張ってあるPOPを書き換えよう。
 それだって、300円も紙を買えば大変な量のPOPがつくれちゃう。
 それでまだ9000円以上あまる。じゃ、ポスティングしよう。
 ポスティングは一枚三円だから3000枚も出来ちゃう。(p36)


・一人さんは、「店を忙しく見せるよう工夫しろ」と言います。(p69)


・一人さんは、「プロは限りなく改良し続けるものだ」と言います。(p87)


・斎藤一人さんは、いつもこう言います。
 「自分の知っていることを人に教える。
 それが人間の進化なんだよ
。」(p160)


・一人さんは、何になりたいかと聞くよりも、
 「はい」という返事を子供に教えろと言います。(p178)


斎藤一人のツキを呼ぶ言葉 (知的生きかた文庫)
清水 克衛 小俣 貫太
三笠書房
売り上げランキング: 378,634

(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)85点



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む