無料メルマガ購読

★2仕事術の最近の書評

【私の評価】★★☆☆☆(65点)■東大生は頭が良い。 だから話題が本の感想に なることが多いらしい。 本は読んでいないと 感想を言えないので ハードル高いですね。・東大生が集まると、 どこでも本の感想大会になります・・ 東大生同士で盛り上がった話は 「『源氏物語』でいちばん素晴...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■時間を大切に使おう! という一冊です。 時間とはだれにでも 均等に割り振られた資産ですが、 お金と似ているらしい。 それは投資的に時間を使うと 後で複利になって 帰ってくるということです。・一定の目標に短期間リソースを "傾ける"ことの利点は、...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(63点)■経営コンサルタント新井さんの一冊です。 重機械メーカー、監査法人、 ベンチャー企業役員を 経験しています。 組織の仕組みには ある程度の知識があるようです。・課長は実力でなれる。 部長は、部下がどれだけついてくるかで 決まる・・ 役員は力関係で...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■西欧のロジカル思考のすすめです。 日本人同士なら、あうんの呼吸で 結論は導かれます。 しかし、だんだんと西洋の 考え方をする人も増えていますから、 ロジカル思考も必要なのでしょう。 飯久保さん、 良い本をありがとうございました。─────────...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■会社組織について 考えた一冊です。 会社のグループ、課の大きさは、 だいたい5~8人くらいでしょうか。 それ以上になれば、 グループを2つに分けて 管理職を増やします。 これは日本でもアメリカでも 同じようです。・チームが継続的に能力を発揮する...

続きを読む
「忙しい社長のための「休む」技術」トニー・シュワルツ、ジーン・ゴメス、キャサリン・マカーシー、ダイレクト出版【私の評価】★★☆☆☆(66点)■忙しいから、必死で働く日本人。 欧米では、忙しいからこそ休むらしい。 必死で働くことで評価される日本と、 成果を出すことで評価される欧米。 ...

続きを読む
/【私の評価】★★☆☆☆(68点)■日本人と日本語は、あいまいである、 と言われます。 確かに、表現だけ見れば、 まったく何を言いたいのか 分からないこともあるでしょう。 あくまでも、 相手がわかるコミュニケーション であることが大事になります。・仕事で私に声をかけたのですから...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点)■論理的な考え方をするための コツを書いた本です。 論理的に考えるということは、 読んだり書いたりするのがいいらしい。 文字にすることで、 論理が明らかになるのです。■この本では新聞のコラムを 読むことを勧めています。 いろいろ読むことですね。 ...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点)■仕事をしていくうえで、 大切なのは希少価値でしょう。 自分にしかできないことは、 それほどありません。 だとすれば、 組み合わせで勝負するのがいいらし。■技術者なら英語をやってみる。 機械屋なら、制御を勉強してみる。 組み合わせることで、 希少...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■ローソンのプレミアムケーキ、 コーヒーマシン導入、 ローソンファームの野菜。 ローソンも頑張っています。■コンビニ各社頑張っていますので、 どこが勝つのかわかりません。 それが競争の良いとこと なのでしょう。 上阪さん、 良い本をありがとうござ...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

>月別(2002年7月~)