本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「イマドキの部下のトリセツ」麻野 進

(2020年1月18日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★☆☆☆(69点)


■イマドキ部下といっても、
 今も昔も新人とベテランには
 意識の差があったはず。


 現代の若者はずっと合理的で
 人によっては出世を望まない人も
 います。(ベテランでもいるが)


 そうした人にやる気を出してもらうのが
 管理職の役割なのでしょう。


■職場のコツとしては
 標準的な内容でした。


 より合理的な仕事と
 人情、人間関係を付け加えて
 いくのがよいのではないでしょうか。


 麻野さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「出世しなくてもいい」がイマドキ社員の本音・・共働きをずっと続ければ生涯賃金が2億3000万円の2人分(4億6000万円)。つまり、バブル社員より高い生涯賃金を得ることができるのです(p22)


・急な残業を命じても、「いやです」とはっきり断ります・・・ただ、同じ残業でも、事前に伝えておけばちゃんとやります(p25)


・上司がしゃべったことはスマホでつながった同期に筒抜け(p30)


・打たれ弱いイマドキ部下・・・「君はどう思う?」を使って自分で考えさせる(p41)


・20代の仕事は「自分を成長させてくれる試練」・・イマドキ君たちに認識させてやりたいものです(p49)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


麻野 進、ぱる出版



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

まえがき 若い世代が求める上司像が変わってきている!
第1章 イマドキのゆとり世代の特徴とトリセツ
第2章 ロスジェネ"あきらめ"世代のトリセツ
第3章 バブル世代"部下"のトリセツ
第4章 イマドキ部下を上手にあしらう人事評価マネジメント
第5章 イマドキ部下が自ら動き出すキャリア・コーチング
第6章 ストーリーでわかる「企業通貨インセンティブ導入法」


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: