「迷ったときのリーダー論―あなたがピンチを脱する15のコツ」小倉 広

|

迷ったときのリーダー論 ―あなたがピンチを脱する15のコツ

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■リクルートで活躍し、
 ソースネクストの常務取締役まで
 務めた著者のリーダー経験です。


 やはりだれでも最初は、
 俺が俺が・・・
 と調子に乗っていく。


 途中で、みんなの協力で成果を
 出していくというように
 謙虚になっていくようです。


 小倉さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・40歳前後に気づいたのは、
 「デキる自分」にならなくてもいい、
 ということだった。
 「デキない自分」でもいい。
 「ダメな自分」でもいい
 チャーミングじゃないか。
 人間らしいじゃないか。
 そう思えるようになったのである。(p4)


・『これは全部自分の実力だ。
 みんなオレのファンやしな』
 そう思ったら、もう終わりですよ。
 みんな、小倉さんを応援したろ、
 と思ってるんですよ。
 そこで調子に乗ったら、
 みんな離れていってしまいますよ
(p6)


・・テレビを一切見るのをやめた
(年に数回、スポーツ中継だけ見る)
 ・電車や新幹線の中で雑誌や新聞を読むをのやめた
 ・二次会、三次会に出るのをやめた・・
 ・飲み会、食事会への参加自体を減らした


・掃除をしていると気づくことがとても多い。・・・
 そこがきれいに保たれているのは、
 誰かがきれいに掃除をしてくれているおかげ。
 感謝すべきことなのだ。


・たとえ、納得できない上司だろうが。
 人として尊敬できない上司だろうが。
 その人の人間性をジャッジせずに、
 上司というただそれだけでその人を敬う
 それでこそ社会の秩序が保たれる。
 組織が機能するのだ。


迷ったときのリーダー論 ―あなたがピンチを脱する15のコツ
小倉 広
ゴマブックス (2014-08-21)
売り上げランキング: 213,186

【私の評価】★★☆☆☆(66点)



この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへblogrankings.png


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)