「「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書」西岡 壱誠

| コメント(0) |

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

【私の評価】★★☆☆☆(65点)


■東大生は頭が良い。
 だから話題が本の感想に
 なることが多いらしい。


 本は読んでいないと
 感想を言えないので
 ハードル高いですね。


・東大生が集まると、
 どこでも本の感想大会になります・・
 東大生同士で盛り上がった話は
 「『源氏物語』でいちばん素晴らしい
 ヒロインは誰か」という議論でした(p204)


■感想を言うためには、
 一言でその本を表現できないと
 いけません。


 類書を読んで、広い視野で
 その本を評価できなくてはなりません。


 まずは本を読むことが
 大事なのでしょう。


 西岡さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・その本にどのようなことが書かれているのか
 仮説を立てて、自分がその本から目的を
 はっきりさせることです(p29)


・「一言で言い表すことができるかできないか」。
 これが、文章をわかっているかわかっていないかの
 分水嶺(ぶんすいれい)なんです(p105)


・章全体・本全体のまとめを
 140字以内で作ってみる(p121)


・同時並行で読む「検証読み」の最初の効用は、
 「意見の偏り」を避けられることです(p143)


・感想も立派なアウトプット!
 東大生はアウトプットが大好きだから、
 知識を得られる!(p206)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
西岡 壱誠
東洋経済新報社
売り上げランキング: 266

【私の評価】★★☆☆☆(65点)



■目次

はじめに 偏差値35だった僕を変えてくれた「東大読書」
PART1 地頭がよくなる「東大読書」の5ステップ
 STEP1 仮説作りで「読み込む力」が劇的に上がる!――東大生は「読み始める前」に考える
 STEP2 取材読みで「論理の流れ」がクリアに見える――東大生は「読者」ではなく「記者」になる
 STEP3 整理読みで、難しいことも「一言で説明できる」ようになる――東大生は立ち止まりながら読む
 STEP4 検証読みで「多面的なものの見方」を身につける――東大生はカバンに「2冊の本」を入れている
 STEP5 議論読みで本の内容を「ずっと記憶」しておける――東大生はアウトプットを重視する
PART2 東大流「読むべき本」の探し方
 METHOD0 「得るものが多い本」をどう選ぶか
 METHOD1 売れている本「ベストセラー」を選ぼう!
 METHOD2 信頼できる人のレコメンド
 METHOD3 時代を超えて読み継がれている古典
 METHOD4 「今年のマイテーマ」を決める
 METHOD5 「読まず嫌い」を避ける



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)