「人に嫌われない自己主張の技術」箱田 忠昭

| コメント(0) |

人に嫌われない 自己主張の技術

【私の評価】★★★★☆(82点)


■年間300回以上も講演を行うという
 箱田さんの一冊です。


 コミュニケーションの技術として
 内容は標準的なものですが、
 構成が素晴らしい。


 冒頭"つかみ"として7つの質問があって、
 その後に著者が小学校から対面恐怖症で
 それをいかに克服したかが説明されます。


 自己主張をうまくできないと
 人生はうまくいかないし、
 自己主張がうまくできれば
 人生うまくいく、ということが
 実感として伝わります。


・まとめ
 自己主張ができないと他人に利用され続ける・・
 相手を傷つけずに自分の主張を通すのが真の自己主張・・
 ほめ上手になれば自分の主張は通りやすい(p62)


■「我が強い」のと、
 「自己主張」とは違います。


 「我が強い」というのは、
 事情を理解しようとせず、
 合理的な理由もなく、
 ごり押しする人のこと。


 その一方で「自己主張」は、
 相手を理解しつつ、事実を示し、
 自分の合理的な意見に導くことなのです。


・断るケースでは、「それは無理です」
 「他の人をあたってください」というように
 むげに断るのではなく、
 かならず代替案を用意しています(p70)


■この本の構成は
 プレゼンの基本どおりの
 構成になっています。


 結論を先に言ってから、
 理由を説明し、
 実例をあげて補強し、
 最後にまとめる。


 図表も活用し、
 わかりやすい一冊に
 仕上がっていました。


 箱田さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・相手の立場や意見を無視した自己主張は、
 一時的にはうまくいっても、
 かならずしっぺ返しを食らいます(p24)


・上手に自己主張をするには、
 相手に言いたいことをすべて吐きださせて、
 心を空っぽにさせなければならないのです(p127)


・データなどを引用すると、客観性が高まり、
 説得力が増します。
 続いて、実例や具体例をあげて説明します・・・
 自分だけの体験を交えながら話すと
 説得力が格段にアップします(p198)


・一瞬で自己主張できる人に変身する方法・・・
 「あの人のようになりたい」と
 心から尊敬できる人をモデルとすることです(p59)


・自分のセミナーや講演を撮影した
 DVDをいくつも販売していますが、
 それを自分で見ることに恐怖を覚えます・・・
 映像によるチェックは大きな効果を
 持っています(p194)


・プレゼンを成功に導く話し方のコツ・・
 喫茶店で親しい人を説得するような話し方で
 プレゼンを行う(p212)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


人に嫌われない 自己主張の技術
箱田 忠昭
中経出版
売り上げランキング: 1,113,565

【私の評価】★★★★☆(82点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 上手な自己主張は「できる人」への近道
第2章 人に嫌われずに言いたいことを伝える方法
第3章 人間関係を築けば無理なく主張できる
第4章 相手の話を聞くことで主張は通る
第5章 交渉の場で自分の主張を通す
第6章 プレゼンで自分の意見を主張するコツ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)