本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「できる人の話し方」箱田 忠昭

2019/03/06公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

できる人の話し方 (中経の文庫)


【私の評価】★★★☆☆(79点)


要約と感想レビュー

 会社での仕事は、書類と説明で構成されます。同じ書類でも説明の仕方しだいで、通ったり通らなかったりします。ちょっとした言い方でうまくいったり、うまくいかなかったりするのが現実なのです。どうせなら、うまくいく言い方を選んだほうがよいのではないでしょうか。


 例えば、自分の意見を言うにしても、「私はこう思うけど、あなたはどう思う?」と伝えると、だいぶ相手の受け取り方が柔らかくなります。また、相手の話に質問するときも、まずはオウム返しをすることで、相手の話を聞いている印象を与えつつ考える時間を稼いだうえで、質問をするとよいでしょう。


・NG お言葉ですが、課長のアイデアは実現不可能だと思います
 OK ユニークなアイデアですね
 主張する前にいったん肯定しよう(p94)


 箱田先生は外資系の経験もありますが、やはり上司や部下との関係では苦労されているようです。箱田先生のやり方は、肯定することです。日本でも欧米でも人の話を否定すれば、必ず角が立ちます。いわんや上司の意見なら、一旦引き取って調べたら難しかったなど工夫が必要なのです。


 また、できる人は相手の話を聞きながらメモをとり、話の途切れたところや会話の最後で相手の話をまとめ、復唱しています。このように話すスキルより、聞くスキルのほうが重要なのです。最終的に人事評価するのは上司であり、社長です。仕事の内容や出世、給料といったことを決めている人の話はよく聞くにこしたことはありません。


・西洋のことわざに、「正義を通せば破壊が起こる」という言葉があります。上司の前では正論を振りかざしてはいけません(p97)


 箱田先生のお話は、標準的でわかりやすいので若い人にぴったりではないでしょうか。私個人としては誰がどう言ったかではなく、中身で評価をしたいと思っています。ただ、現実は話し方のうまい人が評価され、出世しているというのもまた事実なのです。


 箱田さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・NG いいえ、そんなことはありません
 OK たしかに、そうですね(p20)


・人は否定されると傷つきますが、肯定されると一生の「宝」になる(p23)


・NG A社の件については、すべて順調です
 OK A社の件で、ちょっと相談があるのですが・・・
 単なる報告をする際も「相談」のスタイルで行うと上司に好印象を残すことができます(p133)


・NG 私はあまり好きではありません。
 OK 私も好きです!・・・
 人は自分と似ている人を好む傾向がある(p25)


・「今日は、天気がいいですね」「会社の入口に咲いている桜は見事ですね」「窓からの景色がすばらしいですね」おそらく相手は、「はい、そうですね」と答えるでしょう・・「イエス」を繰り返しているうちに、しだいに心を開き、相手を肯定的に受け入れるようになります(p42)


・NG どのようなお仕事をされているんですか?
 OK ○○さんは、どのような仕事をされているんですか?
 会話中に相手の名前を呼んであげよう(p58)


・本人がいないところでほめよう・・・陰で言った悪口は必ず伝わります・・・人の陰口は言うべきではありません(p117)


・人前で緊張しない話し方・・・1対1で語りかけるように話す(p167)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png

人気ブログランキングへ


できる人の話し方 (中経の文庫)
できる人の話し方 (中経の文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 19.03.05
箱田 忠昭
中経出版
売り上げランキング: 1,406,882


【私の評価】★★★☆☆(79点)


目次

第1章 できる人の聞き方
第2章 できる人の話し方
第3章 できる人の「人たらし」テクニック
第4章 できる人の説明&プレゼンテクニック
第5章 できる人の交渉術



著者紹介

 箱田 忠昭(はこだ ただあき)・・・インサイトラーニング代表。日本コカコーラ広告部マネジャー、エスティ・ローダーのマーケティング部長、パルファン・イヴ・サンローラン日本支社長を歴任。デール・カーネギー・コースの公認インストラクター。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: