「「できる人」の時間の使い方」箱田 忠昭

|

「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~

【私の評価】★★★★☆(85点)


■箱田さんは、デール・カーネギー・コースの
 公認インストラクターだけあって
 レベルの高い一冊でした。


 教科書的な使い方が、 
 ぴったりではないでしょうか。


・仕事だけではなく、人生を管理しないと意味がない!(p3)


■時間を管理するということは、
 人生を管理するということです。


 どういった人生を送りたいのか。
 どういった人間になりたいのか。


 そこをはっきりさせることが、
 とても重要になります。


・私はアメリカで、クラウド・M・ブリストルの『信念の魔術』
 を読み、そこには、信念はTNT(ダイナマイト)以上の
 パワーを発揮するとあり、私は信じ、実行しようとしたのです。
 つまり、自分の信念、目標、夢を具体的に書き出しました(p72)


■夢の実現のためには、
 行動することが必要です。


 行動するために、時間を管理する。


 そこが成功の秘訣なのでしょう。


 箱田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・夢をはっきりさせて、その実現のために行動する!(p6)


今日に落としこむのが成功の鍵(p88)


・私たちの仕事は、初めが肝心です。
 レナード・ズーニン博士は
 「仕事をして一つの事を成しとげるには、
 初めの四分間で方向付けが決まる」という
 内容のことをいっています(p110)


・「時間泥棒」を排除する15の対策・・・
 1 毎日のルーティンワークを決める・・・(p134)


・大きな目標は分断せよ!(p150)


・時計を卵と間違えてゆでてしまったエジソンも、
 友人がいたずらに本の山で囲っても、
 まったく気付かなかったキューリー夫人も、
 一時一事で集中していたのです(p163)


【私の評価】★★★★☆(85点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

プロローグ:時間の使い方を変えれば、人生は絶対にうまくいく!
第1章:まずは考え方を変えよう!
第2章:「願望」と「目標」は全然違う!「できる人」の目標管理術
第3章:行くべき方向を間違えないようにする!「できる人」のプロセス管理術
第4章:成功者だけが知っている!「できる人」の時間管理術
第5章:トップ3%はどのように仕事をこなすのか?「できる人」の仕事術
第6章:スケジュール確認だけでは意味がない!「できる人」の手帳術&メール術


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)